ちわわとカメリアとサクラサク毎日

ともかく、乗り物&車がすき

男の子っぽく、乗り物が大好きなTsubakiくん。車、飛行機、電車、船、何でも大好きですが、中でもやっぱり車が一番でしょうか。

飛行機やヘリコプターは「ぷーん」。ANAやJALでもらった飛行機のおもちゃも好きなのですが、今はこの前パパに買ってもらったばかりの戦闘機F-14のおもちゃと、ビニールで空気で膨らませるブルーインパルスがお気に入り。もちろん本物が外で飛んでいると真っ先に「プーン!」と気づきます。
(左)ブルーインパルスを持ってパパに高い高いしてもらっているところ (右)ブルーインパルス、発進!
ブルーインパルスを持って高い高いブルーインパルス、発進!

電車は、車で走っているときに走る電車を見つけて大喜びするし、汽車ポッポのおもちゃを「ちっち、ぽっぽ」と言って走らせています。(しゅっしゅぽっぽがちっちぽっぽになってるみたい)

愛車を運転してにっこりそして、やっぱり車。
今までも時折ブログに出ている通り沢山のミニカーを持っています。消防車は「しょー」、救急車は「きゅう」、バスは「バ」、トラックは「(ト)ゥらっく」、タクシーは「タッ(ク)」と呼んで街中を走っている本物もちゃんと見分けられるし、絵本(ぶーぶーぶーいけいけゴーゴー!レーシングカー)やこどもちゃれんじの読み語り本の車のページを何度も見たいとせがみます。車メーカーのカタログやちらしもTsubakiにとっては大切なご本。洋服や食器、シールなどの車はどんなに小さくても見逃しません。

ということで、車の絵本を買ってみたところ、「あーーー!ブーブーー! おおー!」とかなり大興奮で喜んでくれました。家にいるときはしょっちゅう読んで~と持ってきてはひざに座り、夜寝るときも大きな本なのに抱えて離さず寝入るしまつ。 本当に車が大好きなんだなぁ~と思います

★購入した車の絵本はこちら
ぶーぶー じどうしゃ (0.1.2.えほん)ぶーぶー じどうしゃ (0.1.2.えほん)
(1998/04/15)
山本 忠敬
商品詳細を見る
パトカーや救急車・消防車・マイクロバスなどの絵がかなり本物そっくりにリアルに書いてある絵本。ストーリーなどは一切なし。

トミカをさがせ!―ミニカーいっぱいせいぞろい! (のりものキッズブック&タック)トミカをさがせ!―ミニカーいっぱいせいぞろい! (のりものキッズブック&タック)
(2005/05)
講談社
商品詳細を見る
ともかくトミカのミニカーが沢山載っている絵本。ミニカーが運動会していたりサファリパークにいたり。自分が持っているトミカを見つけては大喜びしていました。

★今度買おうと思っているもの
ちいさいじどうしゃ―スモールさんの絵本 (世界傑作絵本シリーズ)ちいさいじどうしゃ―スモールさんの絵本 (世界傑作絵本シリーズ)
(2005/02)
ロイス レンスキー
商品詳細を見る

0さい~4さいこどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき0さい~4さいこどもずかん くるまとでんしゃ 英語つき
(2006/01)
デイブ テルキ
商品詳細を見る

お勧めの車系絵本ご存知の方、教えてください~!
スポンサーサイト

赤ブーブ、青ブーブ

赤ブーブもらった金沢で、Tsubakiは赤いブーブを、従弟のJunnosukeくんは青いブーブをもらいました。
最近、赤色、青色が分かるようになったTsubakiくん、「赤ブーブ!青ブーブ!」と得意げに何度も言っていました。赤青2台とも遊びたいTsubakiでしたが、何度も「青ブーブはJunくんのだよね。Tsubakiは赤ブーブだね」というと、青ブーブを我慢するようになりました。
東京に帰ってきてからも「つーくん、赤ブーブ。青ブーブ、ない。」と言うので、「そうだね青ブーブはないね。青ブーブは誰のだった?」と聞くと「じゅんくん」と言っていました。
「つーくん、青ブーブ、ない」と言うので、「そっかー、つーくん『あお』好きだもんね、今度つーくんの青いブーブも買ってあげようね」と言うと、「うん~」とうれしそうな顔をします。
こんな風に理解してくれて(全部分かっているかは不明だけど)、会話が成り立つのって、嬉しいし、楽しいですね

ちなみに保育園で「金沢で従弟と一緒だったがおもちゃを独占したがったのだけど、保育園ではどんな感じですか&おもちゃの取り合いがあったときはどんな対応をするんですか?」と尋ねたところ、「つーくん、一番(月齢が)ちびっこの割にはおもちゃの取り合い頑張ってますよ~。そして、誰かがおもちゃを独占しようとしたときは、『xxちゃんもこれ使いたいみたいだよ』とは言いますが、独占しようとする子を怒ったりはしません。なぜなら、その子のそのおもちゃで遊びたいという気持ちも大切にしたいので」ということでした。うーん、なるほど。
我が子がおもちゃを独占しようとしたとき、他の子やそのお母さんへの遠慮もあって、つい、我が子に「だめでしょ」と叱ってしまいがちですが(知らない・あまり仲良しではない場合は特に)、我が子の使いたい気持ちを大切にしながら、「お友達も遊びたがっているから一緒に遊ぼう」ということを言って聞かせることが大切なんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。