ちわわとカメリアとサクラサク毎日

乗り切った

お陰さまで、nobuの新型インフルはyocchanやTsubakiに感染ることなく、無事終わりました

11/26にはyocchanも新型のワクチン接種に行って来ました。最近のガイドラインで妊婦は1回接種で良くなったそうです。そのときの先生から伺ったのですが、1977年のソ連風邪が同じH1N1型で、今回の新型インフルの基礎免疫になっているそう。なので、30代以上はソ連風邪の免疫を持っている可能性があり、かかりにくいorかかっても軽症なのだそう。
nobuは今まで一度もインフルエンザになったことがないので、逆に、新型をあっさりもらっちゃったみたいです。
スポンサーサイト

新型インフルエンザがやってきた

我が家に新型インフルエンザが上陸しました。11/23(月)夜に夫nobuが発熱し、朝になっても38度越えの熱が。病院で検査して新型インフル(正式にはA型)と判明。今我が家は大変なことになっています

幸い、月曜夜からnobuは客間に篭って隔離したからか、11/26現在私もTsubakiも無事です。月曜昼まで食事をシェアして回し食べしていたのでかなり感染っているかと覚悟はしてたんですが・・・(そうです、月曜のblog写真でもあるようにnobuはこのときマスクしてません)。旦那は妊婦乳児がいる家庭にインフルを持ち込まないよう、マスク着用と手洗いうがいをかなり気をつけていたんだけど、週末風邪気味で弱っていたときに、買い物先で(多分マスクを忘れたスーパーで!?)貰っちゃったみたいです

私は産院の指示で予防投与でタミフルを飲んでます。産科学会のガイドラインでそうなっているそうで。「メキシコの統計で亡くなった妊婦さんはすべてタミフルを飲んでいた等タミフルは危険」ということを鍼の先生から聞いていたので、迷いましたが、やはり最後はかかりつけの指示に従うべきと思いました。お産に責任持ってくれてるんだしね。

会社と保育園ですが、私も家族発症で濃厚接触者ということで、今週いっぱい自宅でお仕事。Tsubakiは区のルールでは、7日間の登園自粛なのですが(最初そう言われた時は有休少ないのでクラクラした)、園長先生の計らいで、別保育で事務所奥の小部屋で、ひとり保育にて預かっていただいてます。ありがたい~。
しかし今まで椿貴の世話は手分けしていたのを一人でやっているので、お腹が張ってチクチク痛み、張り止め飲みつつ切迫に怯えてましたが、お陰さまでnobuもすぐ熱が下がり元気になってきて水曜日あたりから、私が夜寝かしつけで疲れ果て眠っている夜中に、洗い物や洗濯物などを童話の小人のようにこなしてくれて助かってます

あと少し、私もTsubakiも感染らないよう、頑張ります。皆さんも気をつけてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。