ちわわとカメリアとサクラサク毎日

子供パン教室に行ってみた

今日はベジタブルキッズの子供のパン教室に参加した。
ベジタブルキッズは大人向け講座もやっているが、サブタイトルが「子供食育教室」というだけあって、子供向けのお料理講座を数多くやっていて、2歳から参加可能なチャイルドCooknoパン作りに参加してみることに。パンなら包丁を使わないし、粘土感覚で楽しめるかなぁと思ったのだ。親はパン作りには基本的に参加しない(見守っているだけ)すべて子供たちが作るのだ。
ままいく友達のAyaちんも一緒だ。

まずは教室に到着して、エプロンと三角巾を付けるTsubaki。料理用エプロンを持っていないのでお食事用エプロンで代用(すぐに三角巾はイヤだと取ってしまったけど)。
(左)準備できた (右)テーブルの周りに集まったよ
準備できた テーブルつきます

さて、レッスンスタート。ちえ先生の説明をきいている子供たち。
説明きくよ
粉を触ったり、お塩や砂糖を舐めて確認してみたりと一つ一つの材料や工程を子供達に確認させて、4人ひと組になって入れたり混ぜたりを交代でやるので、子供達も飽きずに参加していた。
(左)まぜまぜ (右)こねこね 真剣な表情でやっている
まぜたり こねたり
作ったパンは3種類。お好みパン、かぼちゃのパン、そしてトマトとエダマメのパンだ。どれもすごくおいしかった!(特にかぼちゃのパン)お好みパンは発酵後蒸すので、カップに入れる。
カップに入れたよ
(左)トマトとエダマメのパン(焼く前) (右)蒸しているところも見せてもらったよ
トマトとえだまめのパンお好みパンを蒸しているところ
3つ目のパン作りの途中で、台から降りてあっちに行きたいというTsubaki。さすがに飽きちゃったかなと思ったが、どうやら微熱があるらしく体が熱い。
そんなんで最後は泣いてしまってグズグズだったが、前半は楽しめたんじゃないかな。
(左)OhkiおんぶにTsubaki抱っこ (右)ランチはこんな感じ。左奥からトマトとえだまめのパン、かぼちゃのパン、付け合わせのパスタ、お好みパン、そして手前左が豆乳をつかったスープとあげもの。作ったパンも付け合わせもおいしかった。
抱っこにおんぶ ランチ
何より作り方が簡単で、すぐできておいしかった!(持って帰って夜パパにもあげた)

帰りので寝てしまったTsubaki。Ohkiをおんぶしたまま、Tsubakiを抱きかかえてそのままベッドへ。2児の母になったなぁと実感
Tsubakiはその後39度まで熱が上がり、次の日も保育園を休んだ。(その後回復!)
暑さと疲れが溜まっていたかな~。
スポンサーサイト

スクラップブッキング講習

バスデビュー今日はCRAFT ALBUMさんのスクラップブッキングのレッスンにお友達のYuちゃん(&Yukiくん)と行ってきた。場所は高井戸地域区民センターにて。

行きはルート検討した結果、ベビーカーを担いですぎまるに乗り浜田山に出て、井の頭線で高井戸へ。すぎまる(ちびバス)にベビーカーを担いで乗るのがちょっと面倒だったが、すぐに空いた席に「ここ空いたわよ」と声をかけてもらって座ることができた。
おーくん、バスデビュー。にこにこして周りの乗客に笑顔を振りまいていた。

今日のレッスンは、私はもう7月のテーマを前回作ってしまっていたので、6月のテーマ「誕生日」を作成した。Yuちゃんも同じテーマをチョイス。

Tsubakiの2歳の誕生日の写真をSBした。
(左)作ってます。Ohkiは途中少しぐずっておっぱい&うんち漏れ漏れアクシデントはあったもののほとんどの時間ベビーカーでいい子で待っていてくれた。
(右)出来上がってYuちゃんとパチリ。
作成してます 出来ました

こちらが私が作成した作品。今年の3/4、Tsubakiの誕生日に新宿聘珍樓で食事した時の写真と当時はまっていたクインテットの誕生日ケーキをふーしている写真を使った。(出来上がったクラフトを見てTsubakiくん大喜びだった)
作品
レッスン後は吉祥寺に出て、RIGOLETTOでパスタランチ。ここは子連れ客が多いので少々ぐずってもお互いさまで気兼ねがなくていいのだ。
Yukiくんはともかくママの抱っこが好きなので、始終ママに抱っこゆらゆらしてもらっていた。Ohkiは外づらがいいので(?)ランチの間もベビーカーでねんねしたりいい子でいてくれた。ありがとね~
ご飯の時もいい子でネンネ

スクラップブッキング講座 @ puppen puppe

今日は子連れおけいこを企画しているpuppen puppeが主催するスクラップブッキング講座に行ってきた。場所は吉祥寺の本町コミュニティーセンターの会議室にて。講座料には子育て応募券が使えた。Ohkiを寝かせておくためベビーカーで行ったがこちらの建物エレベーターがないので要注意
講師はRinさんという方でキットはすべてRinさんの手作りで2セット、しかも複数種類あるということで、参加者でジャンケンしてキットを選んだ。8人のうち2番目に選ぶことができた♪キットは2セットあるが、時間の関係で、講座で着手出来るのは1セットのみ。
(左)こちら先生が作ったサンプルたち。今回私が選んだキットには一番左のものと右から2番目のものが入っていた。
(右)作成途中。ペーパートリマーを借りました
サンプル1 作成途中
前回保育園仲間と初めて受けたSBの講座は作成をステップバイステップで教えて貰う形式だったので初心者向きだったが、今回の講座では、サンプルをみながら「適当~に好きなようにアレンジしていいです」というゆる~い講義スタイル。
最初は初心者なのでそのユルさに戸惑ったが、分からないところは聞けば教えて貰えるし、慣れてきたらアレンジ出来るしいいのかも

(左)作ってます (右)ベビーカーでいい子です
作成中のyocchan いい子のOhki
常連さん達はその場で仕上げるというよりキットを貰ってポイントだけ確認して自宅で作る感じみたいだったが、私はとりあえず1キット仕上げようと頑張ってみた。時間内に完成とまでは行かなかったがOhkiがいい子でネンネしてくれていたのでほぼ仕上げることができた
(左)こちらが後日家で仕上げた私が作った作品。 (右)ちなみにこちらが先生が作ったサンプル
作品 サンプル2
私が作ったSBは写真も2枚使ったし、お花も多めに散らしてみたので、少し感じが違うね。

レッスンの後は「茶の愉」でおひとりさまランチした。
(左)茶の愉。ママが並んでいた。ママやマダムたちに人気あるみたいね。比較的店内も広いしベビーカーでも入りやすい。
(右)ママとOhki。ゆったりとしたソファー席にすわることができた。
茶の愉 ママとOhki
人気のお弁当セットが完売だったのでパスタランチを。おいしかったよ。

子連れでお料理教室 ~ 「乾物遊び」@やさしいくらし

乾物今日は「やさしいくらし研究会」のお料理教室に行ってきた。こちらは野菜を中心とした体に優しい食材を使った自然食のワークショップ(お料理教室)で子連れで参加できるのだ。みほさんというかたが進行役だ。今回のテーマは「乾物」。この梅雨の季節に乾物料理が良い理由があるらしい。
今まで料理は習ったことがなくまったくの自己流の私、初めてのお料理教室ということで楽しみに出かけて行った。場所は阿佐ヶ谷の地域区民センターの調理室にて。レッスン代には子育て応援券が利用できるのだ。

ワークショップの流れは、まず参加者の簡単な自己紹介(どこから来たかと参加理由)からはじまり、最初の30分くらいが座学、その後デモンストレーションを中心とした調理実習があり、最後に試食タイムという流れだ。今回一番遠い方で山梨からの参加者がいてちょっとびっくり。

「乾物」の特徴(利点)は、常温で保存ができること、ミネラル・食物繊維が豊富なこと、陰性の素材も天日干しすることによって陽性になるため体を冷やさないこと、昔の人が考えたインスタント食品で手軽に調理できることなどがあげられる。乾物が陽性化された食べ物だとは、知らなかった!
さて、この梅雨の時期に乾物をいただくと良い理由も、雨が多くおひさまを浴びる時間が少ないこの時期に太陽のパワーを取り入れられることや、梅雨の時期は体も水分が溜まりがち(むくみ)なので水分調整の働きのある乾物がよい、とのこと。ふーん、なるほど~。
その他お勧め乾物の活用法やあると便利な乾物の紹介があった。実物を見せてくださり(写真)、結構知らない乾物もあって勉強になった。

そして、今日の乾物料理メニューは、「海藻だれを使った海苔スープ、切干大根サラダ、ひじきのトマトパエリア、車麩の磯フライ、わかめの白あえ、まだか漬け、麩まんじゅう」。下ごしらえしてある複数の調理テーブルの周りを囲みながら、調理のコツや手順のデモンストレーションを聞く形式だ。

(左)デモ風景 (右)麩まんじゅうはみんなでまるめたよ
デモ風景 麩まんじゅう
今日のメイン料理の「ひじきのトマトパエリア」は彩りもよく魚介を一切使っていないのにシーフードの香りのするおいしーいパエリア♪だった。しかも今回のデモでは通常のお鍋で仕上げるやりかたではなく、炒めた具とごはんを炊飯器で炊く炊き込みご飯風パエリアの作り方が紹介された。炊飯器で出来るのでとっても手軽
パエリアに使うお米は洗わず(余計な水分を含むので)、最初に炒めることによって油でコーティングされて弾力感のあるもちもいした仕上がりになるそう。具の炒め方も、新しい具材を投入するときに、前のものをお鍋の半分に寄せて、なべ底に新しい具材が直接触れるように入れ(なるべく早く温度をあげる)、温まったころ合いで元々の具材を上に乗せて蒸し焼き風にしてから全体をまぜる、というやり方を教わった。炒め方も木べらを前後に動かすのではなく、回すように動かすと均等に火にあたってよいそう。…とまあ、ここでは書ききれないほど、色々と勉強になった。
(左)Ohkiはデモの途中まで調理予備室のベビーカーですやすやと寝てくれ、途中おっぱいしたり抱っこしながらいい子でいてくれた。
(右)こちらが出来上がり。
yocchanとOhki 出来上がり
最後の感想タイムに「ひじきのトマトパエリアがおいしかった、今晩さっそく作ります」と言い、宣言通り夜つくってみた。無塩のトマトジュースがなかったのでその分塩を減らしたりTsubakiが好きなコーンを増やしたら、みほさんが作ったものより甘めで塩分控えめのよりやさしいお味になったが、Tsubakiもnobuも(そして自分も(笑))おかわりする出来だった
また参加したいと思いまーす。

スクラップブッキング、やってみた

sb今日は保育園のお友達に誘ってもらったスクラップブッキングの講習に行ってきた。
スクラップブッキングとは写真を台紙に貼ってデコレーションして飾り付けるもの。USではかなりポピュラーらしく最近日本でもブームのきざし。
14時から成田児童館の一室(図書室)で実施。講習代には子育て応援券が使えるのだ。

今日はnobuが美容院に行くので、私がTsubakiOhkiを連れていった。
Tsubakiは、お昼寝途中を起こして行ったのと初めての場所で結構ぐずってしまった。保育園のお友達のKanonちゃんとMitsukiちゃんもいたんだけどね~。おやつのかっぱえびせんをみんなで食べたが、あまり長続きしなかった!自前のおもちゃ(トミカとか)を少し持ってくれば良かったと思った。

(左)かっぱえびせん食べてるところ (右)Ohkiはベビーベッドがあったのでそこに居てもらった。
Tsubaki Ohki

(左)製作途中 (右)できあがって記念撮影
作成途中 出来上がり
Tsubakiの面倒を見ながらちゃっちゃと作ったので、後で見てみると「写真はもうちょっと上のほうがよかったな」とか、スタンプはもっと慎重に押したかったなぁなどと思うが、でもまあいいか。Tsubakiがお花をくっつけるのに、ぎゅーっと押しててくれて、本人は一緒に作ったつもりになってるしね

洋裁教室 と 園ママ飲み会

今日は朝渋谷で鍼治療に行ってきた後、nobuにTsubakiを預けて、watermelon bikini(洋裁教室)に行って来ました。今日で参加は3回目。今回は斜めがけできるバッグを作りました。生地はsun & beachの抱っこ紐とお揃いです!
出来上がった作品はこんな感じ。4時間ほどで完成しました!裏地はnobuが選びました。
バッグ2バッグ1
そしてお家に帰って少し休憩して、夜は保育園のママ友6人で飲み会でした!みんな子供を旦那さんや親に預かってもらっての参加です。
子供のこと、育児のこと、保育園のこと、その他色々・・・。あっという間に時間がたち、「ぜんぜんまだしゃべり足りないね~」と言いながら帰宅しました。心行くまで語った3時間半でした。
帰ったら2人が一緒に寝ていました。 nobu、Tsubaki、ママを出かけさせてくれてありがとね

座・高円寺でカンボジアサーカス鑑賞

エクリプス今日は座・高円寺で行われている「あしたの劇場 海外編世界をみよう!」の難民キャンプからうまれたカンボジアのサーカス「エクリプス」を鑑賞してきました。(右の写真はエクリプスの一シーン。撮影禁止かも?と思いつつ一枚だけ撮りました(笑))
Tsubakiは行く前に家で午前寝をしてしまい、そのままベビーカーにのせて座・高円寺についてから起こしました。そしたら、「ここ、どこ?」とキョロキョロ(笑)。
20分ほど遅れて入場しました。サーカスと言ってもどちらかというと観劇に近いもので、クメール語(カンボジアの言葉)でのセリフのシーンもありました。
記念撮影「月蝕」をもとに村では争いが絶えなくなり、神様に祈りを捧げて沈める、というそんなストーリーでしたが子供にはちょっと難しかったかな。でも争いのシーンでは「ひーん」と怖がって、抱っこされているのに「こっこ~(抱っこして)」と言ったりしてました(笑)。
ボールやピンを使った芸の時は楽しそうに笑って手拍子をしたりしていたので、それなりに楽しんだ様子でした。
終わった後サーカスのお兄さんと記念撮影。クメール語で「オックン」(ありがとうの意味)と伝えると「オックン」と返してくれました。nobuの両親がJICAの仕事で3年ほどカンボジアに滞在していたことがあるので、カンボジアにはちょっとした思い入れがある我が家です。
その後、ままいく仲間のKayoyon&Mishioちゃん一家と一緒に2Fのカフェ・アンリファーブルでランチしました。黒が基調のシックな感じながらも絵本がたくさん置いてあってテーブル間隔が広くてじゅうたん敷きで子連れにはなかなか快適なカフェでした。Misioちゃんと絵本を見たり、床にある空調の吹き出し口で風を浴びたりして遊んでいました。
Tsubakiはキッズプレートをいただきました(左)。「もぐもぐ、おいしいなぁ~」(右)
キッズプレートもぐもぐ
子連れでこういった鑑賞が出来るのは嬉しいことです。今日の講演のチケット代は子育て応援券で購入できたのでなお得した気分

絵本を楽しむ 再び

講座風景昨年9月に受けたお産とおっぱいの会の「絵本を楽しむ」という講座。前回2回に分けた講座を、今回特別編として1回でエッセンスを凝縮して行うとのことで、また受講してきました。ままいくメンバーも2人一緒です。今回も講師は絵本アドバイザーの長谷部暢子さんです。

今回の講座から学んだ良い絵本の選び方(のポイント)は以下の通りです。
  • この講座で配られたお勧め絵本100冊のリストを参考に
  • 出版されてから20年以上経っている絵本 (20年以上とは子供の頃に読んだ絵本で母親になってまた選ばれている、という指標になる)
  • まずは文章がしっかりしていること、そして絵。そして絵と文章が合っているもの (以外と絵と文章が合っていない絵本はたくさんあるそう)
  • 昔話は先人の知恵や教訓が詰まっているので良い。
  • (そしてオフレコかもしれないけど!?)10年前くらいまでは福音館と岩波ならはずれがなかったそう

そして、下記学んだこと
  • 親の役割は、「豊かな言葉」を教えること。豊かな言葉とは、たとえば「あたたかい」という言葉の裏にどれだけ豊かな感覚を持っているかということ。たくさんの豊かな言葉の経験をしてから絵本に入るととても良い
  • 絵本はゆっくり読んであげる。目安は自分の子供がしゃべっている速さ。
  • 子供が横やりを入れたり暗記しているストーリーをしゃべってしまっても、できるだけ子供につきあう。
  • 1歳くらいのストーリーがまだ聞けない子供はどんどんめくってしまったり、好きなページだけ見ておしまい、ということも往々にしてあるが、それでOK!子供に付き合ってあげる。本は楽しいものがと思ってくれたら成功。パラパラめくるならめくらせて、ちょっと止まったら、そのページを読んであげる。そのうち「このページになるとママが何かお話をしてくれるぞ」→「どうやらお話(ストーリー)があるらしいぞ」と分かってきて、その前後2-3ページからストーリーに入っていけるようになる。
  • 英語の本は、英語で読むか日本語で読むかはお母さんの判断でよい。英語の音を楽しみたいなら英語で読んでもいいが、お話を楽しむなら訳して日本語で。その際必ず同じ訳を使う。

そして、2冊の絵本を比較してどういう点がよい絵本なのかを説明してくれました。これがとても分かりやすかったです。 以下にお勧めの絵本で前回の記事(9/29/30)にのせていないものを載せておきます。

【お勧め絵本】
ちいさなうさこちゃん (子どもがはじめてであう絵本)ちいさなうさこちゃん (子どもがはじめてであう絵本)
(2000)
ディック ブルーナ

商品詳細を見る
真正面を向いたうさこちゃん(ミッフィー)の絵は子供にとってインパクトあり。絵の鮮やかさとそれを和らげる文章部分の白さのバランスもとてもよい。そして一番のポイントはしっかりとした日本語の文章になっていること。

ひよことあひるのこ (えほんライブラリー)ひよことあひるのこ (えほんライブラリー)
(1983/01)
ミラ・ギンズバーグ

商品詳細を見る
あひるがリーダー的、ひよこが弟分的キャラクターとして描き分けられていて分かりやすい。

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
(1977/01)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る
絵本の物語を楽しむ前の赤ちゃん(0-1歳)にお勧め。言葉遊びを楽しむ本。この手の本はたくさん出ているが、これは絵と文字が一致していてよい。

りんごのき (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)りんごのき (世界傑作絵本シリーズ―チェコの絵本)
(1972/01)
エドアルド・ペチシカ

商品詳細を見る
絵と文章にずれがない。

かえでがおか農場のなかまたちかえでがおか農場のなかまたち
(1998/04)
アリス プロベンセンマーティン プロベンセン

商品詳細を見る
たくさんの動物たちが図鑑のように描かれていて、まだ文章を楽しめない段階でも絵を見て楽しめる。

くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)くまのコールテンくん (フリーマンの絵本)
(1975/05)
ドン=フリーマン

商品詳細を見る
文章がよい。

小児医療講座

今日は「知ろう!小児医療 守ろう!子供達の会」が主催した「復職前に知っておきたい!子供の病気とママがおうちでできるケア」という小児医療講座@高井戸地域区民センターに参加してきました。

ベビーカーをたたんですぎ丸に乗って浜田山に出て、高井戸に行きました。講座の前にママ友まっちー(Taiちゃん)&Mariちゃん(Yunaちん)とランチしてから行きました。

この日は託児つきだったのでお願いしたのですが、託児ルームに連れて行ったらすでに赤ちゃんたちが大合唱♪で泣いておりました。Tsubakiも私が出て行くと同時に泣きました。ちなみに一緒に託児したYunaちんは今回が初託児だったにもかかわらず、泣かずに笑顔で遊んでいました。

講座風景さて、13時から講座スタート。講師はまつしま病院の小児科医 佐山圭子先生でした。佐山先生は3人のお子さんのママでもあります。 内容は以下の通り。

  1. 子供に多い症状とおうちでできるケア
    ・発熱、咳、嘔吐、下痢の各症状について、どんなときに病院に行くべきでどんなときは家で様子をみても大丈夫かを具体的に教えていただきました。
    ・嘔吐や熱のときの水分補給として、OS-1という医療用イオン飲料が紹介され、サンプルもいただいちゃいました。

  2. 保育園でよく流行する病気(感染症)
    溶連菌感染、とびひ、プール熱、ペルパンギーナ、手足口病、ヘルペス感染、突発疹、水疱瘡、はしか(麻疹) などについて説明がありました。 症状のカラー写真もあって分かりやすかった。

  3. 復職にあたっての便利な情報
    時間が押していたので詳しくはプリントを後で読んでおいてという感じだったが、佐山先生の育児経験談を話していただけました。復職しても母乳は続けられるわよという話も。
    復職に関して一番大切なのは、お母さんの覚悟 とおっしゃってました。 保育園なんてかわいそうという気持ちがあったら頑張れない。「私も仕事精一杯頑張る、だからあなたも保育園頑張って」と覚悟を決めることが大切、とのこと。 私も覚悟を決めなければいけません。

  4. Q&A  ためになった内容は以下の通り
    Q:薬を飲ませるべきか、看病すべきか迷う
    A:結論から言うとどちらでも良い。例えば風邪で薬をのんだからと言ってぶっちゃけそれで早く治るとは限らないそう。 ただ高熱で苦しそうだったら楽にしてあげるために解熱剤を飲ませることは意味はあるでしょう、とのことでした。また抗生物質は耐性菌をつくるのでむやみやたらと飲まないほうがいいという考え方もある、とのことでした。

いただいた資料もとても分かりやすく、とっても有意義な講座でした。

リトミック体験

今日は、阿佐ヶ谷の駅の北側にあるミュージックワークというところのリトミックの体験に行ってきました。応援券が使えます。お友達のKazumaくん、Gakuくんも一緒です。

レッスンは、輪になってお歌を歌ったり、ボールでお腹をくるくるしたり、ボールを「はい、どうじょ」でまわしていったり(左)。カードに合わせて、ピアノを弾いたり(右)。
ボールピアノ
わっかドレミファソラシドのわっかをジャンプで歩いていったり。(もうちょっと月齢の高い歩ける子は、手をひいいてもらってトコトコ歩いてました)
体を持って、ゆらゆら揺らしたり。そうなんですよね、0歳児のリトミックって、何気に親の運動なんですよね(笑)。
ま、Tsubakiくん楽しそうにしていたので、よしとしましょう。Gakuくんはかなりハイテンションでいつもの30%ましではしゃいでいて、Kazumaくんはおねむで後半ぐずり気味でした。
今回のレッスン、レギュラーのメンバーに加えて体験メンバーが多かったらしく、かなりたくさんのベビーちゃんたちが参加していました。お教室にけっこうぎゅうぎゅう。ちょっと定員を決めたほうがいいのでは・・・と思うくらい。50分はあわただしく、あっという間に過ぎました。


ランチランチは、駅前のアジアンキッチンサワディーで。本当はお友達にベビーカーで入りやすいよと教えてもらった同じビルの中華料理店に行こうかと思っていたのですが、禁煙席が満席だったので、急遽サワディーへ。比較的空いていたので、ゆっくりランチできました。牛スジの煮込みそばを食べました。


この後Noah Papaでケーキを買って、我が家でお茶タイム
一緒におもちゃ箱をあさったり、絵本を取り合ったり、一緒にカタカタを押したり、なんとなく遊んでいる3人のBoys。 そうそう、テーブルの上って気になるよね。
3人で 気になる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。