ちわわとカメリアとサクラサク毎日

沖縄3日目 ~ 美ら海水族館

今日は朝から美ら海水族館に行った。「イルカいるの~?」とイルカ好きのTsubakiは楽しみにしていた。
(左)水族館の入り口にて。じんべいざめのオブジェをバックに
(右)とりあえずお約束の写真
水族館前でお約束の写真
中に入ってまずあったのが、タッチプール。ヒトデやなまこや魚に触れるというプール。Tsubakiくん、警戒してプールに手を入れたがらないので、「ほらヒトデさんだよ~」とつかみあげてあげたら、チョンチョンと触っていた。そうしたら「水から出さないでくださいね~」と注意されてしまった。ほんとだ、注意書きがしてあった(^^;)
ヒトデにたっち
(左)3Fの熱帯魚・さんごの水槽の前にて。上からの光がきらきらしていて幻想的できれいだった。
(右)Ohkiもじっとおさかなさんを見ていたよ。(写真のOhkiはおもちゃで遊んでるけど)そういえばTsubakiもこれくらいの月齢の時、六本木ヒルズのスカイアクアリウムで熱帯魚をみて楽しそうにしていたなぁと思いだした。
パパとTsubakiOhki
さて、美ら海水族館のメイン水槽、「黒潮の海」という大水槽の前へ。水槽はこんな感じ。巨大だね(人の大きさと比較してみてね)。
大水槽
巨大水槽の中では、3匹のマンタと3匹のじんべいざめが悠々と泳いでいるのだ。「すごいね~、大きいねぇ~」(じんべいざめにくっついているこばんざめをみて)「あれ、何してるの?」としばらく水槽を眺めていた。
マンタ
じんべいざめ
さて、ランチは、水族館唯一のレストランにて。12時少しレストランに移動、雨が降り出す。水族館の出口からレストランの場所には外を通って移動しなければいけないのだが、たくさん傘が用意してあった。
さてレストランに行くともう待ち行列が出来ていた。ただビュッフェで回転が速く、20分ほど待ったら入ることができた。
デザートのアイスクリームを食べるTsubaki。最近めっきりアイスクリーム好きだ。小さな1カップをひとりで完食できるようになったしね。
Tsubaki
ランチ中に雷まで鳴り出し、かなりの大雨に。南国独特のスコールって感じ。イルカショーの建物が屋外の半屋根なので、この雨じゃあイルカショーが中止だ…と残念に思っていたら、食べ終わる頃には雨もあがってカラッと晴れてきた。13:30からイルカラグーンで始まるイルカ観察会へと急いだ!
イルカ観察会では、イルカラグーンというプール再度でイルカを間近で観察しながら、おねえさんがイルカの形態や体のしくみを説明してくれたり、芸のしつけ方法を教えてくれたりした。炎天下の中、nobuがTsubakiを肩車して頑張って見学。
しつけ方法の説明のあとは、イルカたちが芸を披露。豪快なジャンプを見せてくれた(下の写真でnobuとTsubakiは左はじの赤丸)。
「イルカ、ざぶーん、するかな?」と楽しみにしていたTsubaki、水しぶきがかかるのもかまわず、大喝采だったみたい。こんな近くでジャンプが見られたので、イルカショーよりよかったかも
ジャンプ
(左)逆立ちして尾ひれでバイバイするイルカと (右)イルカさんにバイバイするTsubaki
イルカイルカさん、ばいばい
トイレに行く余裕がなかったので、おもらししてしまったが、おもらししていることにもたぶんあまり気づいておらず大興奮で見ていたTsubakiと、そんなことはどうだっていい!と肩車して特等席でイルカをみせてあげていたnobuだった!ちなみに私とOhkiは屋根の下に避難していたよ。
このイルカラグーンでは、抽選でイルカと触れ合うイベントもやっているので、次回沖縄に行く時は申し込んでみようと思った。
最後にショップを覗いて、14:30ころ水族館をあとにした。水族館と駐車場の間にある、涼取りのミスト。「冷たいもくもくだ~」と走り回っていた。
ミスト
帰りの車で眠りに落ちる子供たち。ホテルについてもそのままお昼寝タイム。
ゴロンした子供たち、大きさの差を感じるね。
お昼寝

記事が長くなるから、夕方以降は次の記事にしよう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。