ちわわとカメリアとサクラサク毎日

沖縄4日目 ~ 帰京

今日はもう東京に帰る日。Ohkiもいるのであまり長い旅行はきついかなと思ったのだが、3泊4日はあっという間に過ぎてしまった!
すっかりプール好きになったTsubakiのために、朝ごはんのあとプールに行く。今度はママと泳ぐ。
(左)「やっほー(Tsubakiがいうと「やっおー」に聞こえる。それがまたかわいい)」
(右) 滝くぐりもしたよ
ママと泳ぐ1ママと泳ぐ2
プールサイドで待つOhki。ご機嫌ちゃんだった。
Ohki
(左)チェックアウト後にホテル前で家族でぱちり。(右)空港でね。
家族でね空港にて
あ~、楽しかったね、沖縄
是非また来たいね。沖縄は子連れ旅行にいいみたい。みんなが行くのが分かったね。
スポンサーサイト

沖縄3日目 ~ プールと琉球舞踊ショーと花火

お昼寝から起きた後は、夕方プールに入った。
お昼寝からめざめたTsubakiに「プール行く?」と聞くと「うん、いく!今、いく!」と。すっかりプール好きになったTsubakiだ。
パパに手を引いてもらって泳ぐ。楽しそう、にこにこしてる。
プール1
(左)上手に泳げたよ、とピース (右)この得意そうな顔!
プール2プール3
1時間ほど泳いで、「まだ泳ぎたい~」というところを「ご飯食べたらまたプール入ろうね」と言ってあがった。

今夜の夕食は、琉球舞踊ショーが見られる琉球料理のレストラン、オーキッドにいった。こちら1部、2部と完全入れ替え制だ。1部に予約をして18時すぎにレストランへ。19時からのショーにそなえてまずはビュッフェ料理をいただく。今回沖縄料理(ソーキそばとかテビチとか)が食べられないかなぁ…?と思っていたから、なにげに嬉しかった
夕食1
「ママのおひざで食べる~」とやってきた。「写真撮るからいいお顔して」と言われてこのポーズ。最近わざと変な顔したりカメラを見なかったりする。
夕食2
さて、ショーがスタート。
ショー1ショー2
まずは民族衣装を着たお姉さんたちがダンスや、太鼓・三線などを披露。じーっとみていたTsubakiだが、
シーサーが出ていたとたん、「こわい~、あっち(遠く)に行く~」と泣いた。(シーサーが出てきた途端、あ、これは泣くなと思ったらやっぱり泣いた)
泣いてます
ちなみに、獅子舞っぽいシーサーと、着ぐるみのシーサーと2匹出てきた。着ぐるみのほうがちょっとおどけたしぐさをするので、シーサーくんと命名。「シーサーくん、おもしろいねぇ~」「シーサーくん、やさしいよ」等と言っていたら少し泣きやむ。
ちなみに食事中ベビーカーで寝ていたOhki、ショーが始まったら音楽がなりだしたからか起きてプスプスいいだしたので授乳ケープでおっぱいしていたのだが、大きな太鼓の音などが怖かったみたいでおっぱい飲みながら「わーん!わーん!」と泣いた。(ぎゅっと抱っこしたら泣きやんだ)
またお姉さんたちが出てきて琉球楽器を演奏。板3枚を指にはさむカスタネットのような楽器(名前忘れた)を演奏していて、客席にも楽器が配られ一緒に演奏しましょう♪となる。
楽器を見つめるTsubaki
民族楽器1
yocchanもやってみた。ステージのショーをじいーっと見ていたOhki
民族楽器2
最後にみんなでステージにあがって踊りましょうとなって、nobuとTsubakiがステージに行く。
みんなでステージ
最後にシーサーと記念撮影したいかたはステージにどうぞとのことだったので、撮ってもらった。「シーサーくん、動かない?」と少し警戒していたTsubakiだった。
これが撮ってもらった写真。店員さんなので多くは望まないが、思いっきり手前のイスにピントがあっていた。しかもかなりひきで撮ってあって(この写真はクリッピングした)、毎日たくさんの人たちを撮っている割に、どうなのよ…?って感じ。家族全員の写真はなかなか撮れる機会がないし、だいたい他人に撮ってもらうから難しいね。やっぱりこれからは三脚持参かな?
シーサーくんと記念撮影
さてご飯の後は約束通りまたもプールへ。今度は腕輪の浮きをつけてみた。
浮つけて
ANAホテルは(夏休み期間中だけかな?)隔日で8:30から花火があがる。プールサイドが特等席ということでそのままプールで花火を見ることに。
どーん、どーん、とすごい音だったが、間近で花火が見られて大迫力だった!
プールで花火

沖縄3日目 ~ 美ら海水族館

今日は朝から美ら海水族館に行った。「イルカいるの~?」とイルカ好きのTsubakiは楽しみにしていた。
(左)水族館の入り口にて。じんべいざめのオブジェをバックに
(右)とりあえずお約束の写真
水族館前でお約束の写真
中に入ってまずあったのが、タッチプール。ヒトデやなまこや魚に触れるというプール。Tsubakiくん、警戒してプールに手を入れたがらないので、「ほらヒトデさんだよ~」とつかみあげてあげたら、チョンチョンと触っていた。そうしたら「水から出さないでくださいね~」と注意されてしまった。ほんとだ、注意書きがしてあった(^^;)
ヒトデにたっち
(左)3Fの熱帯魚・さんごの水槽の前にて。上からの光がきらきらしていて幻想的できれいだった。
(右)Ohkiもじっとおさかなさんを見ていたよ。(写真のOhkiはおもちゃで遊んでるけど)そういえばTsubakiもこれくらいの月齢の時、六本木ヒルズのスカイアクアリウムで熱帯魚をみて楽しそうにしていたなぁと思いだした。
パパとTsubakiOhki
さて、美ら海水族館のメイン水槽、「黒潮の海」という大水槽の前へ。水槽はこんな感じ。巨大だね(人の大きさと比較してみてね)。
大水槽
巨大水槽の中では、3匹のマンタと3匹のじんべいざめが悠々と泳いでいるのだ。「すごいね~、大きいねぇ~」(じんべいざめにくっついているこばんざめをみて)「あれ、何してるの?」としばらく水槽を眺めていた。
マンタ
じんべいざめ
さて、ランチは、水族館唯一のレストランにて。12時少しレストランに移動、雨が降り出す。水族館の出口からレストランの場所には外を通って移動しなければいけないのだが、たくさん傘が用意してあった。
さてレストランに行くともう待ち行列が出来ていた。ただビュッフェで回転が速く、20分ほど待ったら入ることができた。
デザートのアイスクリームを食べるTsubaki。最近めっきりアイスクリーム好きだ。小さな1カップをひとりで完食できるようになったしね。
Tsubaki
ランチ中に雷まで鳴り出し、かなりの大雨に。南国独特のスコールって感じ。イルカショーの建物が屋外の半屋根なので、この雨じゃあイルカショーが中止だ…と残念に思っていたら、食べ終わる頃には雨もあがってカラッと晴れてきた。13:30からイルカラグーンで始まるイルカ観察会へと急いだ!
イルカ観察会では、イルカラグーンというプール再度でイルカを間近で観察しながら、おねえさんがイルカの形態や体のしくみを説明してくれたり、芸のしつけ方法を教えてくれたりした。炎天下の中、nobuがTsubakiを肩車して頑張って見学。
しつけ方法の説明のあとは、イルカたちが芸を披露。豪快なジャンプを見せてくれた(下の写真でnobuとTsubakiは左はじの赤丸)。
「イルカ、ざぶーん、するかな?」と楽しみにしていたTsubaki、水しぶきがかかるのもかまわず、大喝采だったみたい。こんな近くでジャンプが見られたので、イルカショーよりよかったかも
ジャンプ
(左)逆立ちして尾ひれでバイバイするイルカと (右)イルカさんにバイバイするTsubaki
イルカイルカさん、ばいばい
トイレに行く余裕がなかったので、おもらししてしまったが、おもらししていることにもたぶんあまり気づいておらず大興奮で見ていたTsubakiと、そんなことはどうだっていい!と肩車して特等席でイルカをみせてあげていたnobuだった!ちなみに私とOhkiは屋根の下に避難していたよ。
このイルカラグーンでは、抽選でイルカと触れ合うイベントもやっているので、次回沖縄に行く時は申し込んでみようと思った。
最後にショップを覗いて、14:30ころ水族館をあとにした。水族館と駐車場の間にある、涼取りのミスト。「冷たいもくもくだ~」と走り回っていた。
ミスト
帰りの車で眠りに落ちる子供たち。ホテルについてもそのままお昼寝タイム。
ゴロンした子供たち、大きさの差を感じるね。
お昼寝

記事が長くなるから、夕方以降は次の記事にしよう。

沖縄2日目 ~ 海とプールと手作り工房

今日は朝からビーチに行った。早めにビーチに行くため、7時から朝ご飯を食べる。朝からがっつり。
最近のOhki、みんなが食べてるときに一人でベビーカーは嫌だと泣くので、いつも私かnobuが抱っこだ。
もりもり食べるママとOhki
用意して9時にビーチへ。まだ人もまばらだが、海はそんなに冷たくなくて気持ちいい。ビーチはこんな感じ。右に見えるのがANAホテル。
ビーチ
さて、Tsubaki、パパと浮き輪を持って入る。少し手を引いてもらって泳ぐが…
パパと泳ぐ1
途中からやっぱり「こわい、こわい、海こわいよ~、抱っこちて~」「ママんとこ行く~」と泣いてパパに抱っこをせがんだ。
パパと泳ぐ?2
あがってきてからも「こわかったの~」とアピール泣き。
泣く
さて、10時からセーリングクルーズをした。45分の海の散歩だ。クルーズしたボートはこんな感じ。
ボート
こちら3泊以上のサービスとしてついていたのだ!友人お勧めのサンセットクルーズとも迷ったのだが、風が心地良くてとってもよかった!
パパとTsubaki
ママとOhki
ボートの人に撮ってもらう。まぶしいからかガンたれ気味のTsubaki。
みんなで
クルーズ後はTsubakiのリクエストでパパとアクアサイクルに乗る。ライフジャケットを着て、行ってきまーす!
アクアサイクル1
アクアサイクル2
なかなか帰ってこないなぁ…と思ってたら、流されて必死に漕いで帰ってきたらしい
前輪は回らずただの浮きだったらしいが、それをみて「前のタイヤ回らないねぇ、電池が切れてるのかなぁ」と言ってたみたい。戻ってきてどうだった?と聞いたら、「三輪車乗ったら海怖くなかった~」と言っていた。

ビーチサイドでランチを食べる。Ohki寝てしまったのだが、首が90度曲がっていた。
ランチにて
ランチ後ビーチサイドのプールに入る。滑り台があって、ウキウキ行くが、滑り台からプールを見て少し怯む。が、ひとりで滑ってみた。じゃぱーん!と水しぶきがあがり鼻に水が入ったのか、「ブヘブヘ~」となって、その後はママやパパと一緒に滑ると警戒していた。
プール1
浮輪で手を引いてもらって泳いだ。少しこわごわながらも泳げた。「プールのが海より怖くないねえ」とTsubaki。
プール2
パラソルがなかったので、Ohkiはこんな感じで日陰をつくって避難していた。
Ohki
ビーチからホテルに戻るのに、行はホテルのシャトルバスで移動したが、帰りは遊歩道を歩いて帰る事に。これがジャングルの探検(ちょっと大げさ)みたいで、結構面白かった!
葉っぱのトンネルだ~。
遊歩道1遊歩道2
木の根っこがジャングルっぽい。
遊歩道3
ホテルがみえるポイントで、パパとピース。
遊歩道4
ホテルの部屋に戻って、Tsubakiのお昼寝中に、エステに行く事に!nobuがOhkiを見てるから行っておいでと言ってくれたのだ。CARITAのフェイシャル50分にフット(ふくらはぎ下)とハンド&ショルダーのトリートメントをオプションで付けた。しばしば極上のときを過ごす
写真はお昼寝から起きて、おーくんにちゅっするTsubaki。「つーくんのおーきくんだからね~」なんて言ってかわいがるのだ。
チュッ
夕方、ホテル内の手作り工房にてジェルキャンドルをつくった。
(左)中に入れるパーツ(魚やさんごなど)を選ぶTsubaki。「これも入れたいねぇ、あ、これも~」と最初たくさん選んでしまうが、5個くらいが適量ですね…と言われて、いるかさん2頭、かめさん、ひとで、貝に絞った。
(右)ママと一緒に作る。カラーサンドを順番に入れて、下に沈めるパーツを置いて、ジェルを入れてもらい、宙に浮かせるパーツを置いて、最後にまたジェルを入れて完成!全行程で40分くらい。思っていたよりすごく上手に作業していた。
ジェルキャンドル1ジェルキャンドル2
「キャンドル綺麗だねぇ~」と眺めていた。
ジェルキャンドル3
さて、ディナーはビーチサイドのレストラン、ザ・グリルにてステーキランチ。パパとTsubaki、おそろいのアロハを着ていったのだ。このアロハはTsubakiが11カ月の時にグアムでゲットしたものだ。
パパとお揃い
ディナーはこんな感じ。
ディナー
18:30に入店したので、サンセットも見ることができた。最後にみなで撮ってもらう。
レストランにて
部屋に帰ってきて、お兄ちゃんジャンプを披露するTsubaki。
(左)「おにいちゃんジャンプの、つくりかた~♪」(ピタゴラスイッチの「お父さんスイッチのつくりかた~」の音程で)
(右)大喜びで声をたてて笑うOhki。OhkiはTsuakiがあやす時が一番良く笑う。お兄ちゃんが好きなんだね。
おにいちゃんジャンプ笑うOhki

沖縄1日目 ~ 移動 と ビュッフェディナー

今日から沖縄旅行だ!
は余裕を持ってお昼の時間にしたが、ちび太をペットホテルに預けたりもあるので、朝9時前に早めにで出発。さすがお盆明け、首都高は渋滞なしで10時に空港に着く。チェックインして荷物を預けて、ちび太を羽田空港のペットホテルへ預ける。
頑張れちび太!
ペットホテルが端っこにあってかなり歩くので、子供たちはそれぞれベビーカーに乗った。始めは「ベビーカーは赤ちゃんのだからヤダ、抱っこがいい~!」と言っていたTsubakiだが、「ベビーカーくるくるまわるねぇ~」と回転させてみたら、「つーくんも乗りたい!」と乗ってくれた。
子供たちベビーカー
11時過ぎから早めにランチして、に乗り込む。搭乗口に行くと飛行機が見えるので、「わぁ~!」とかけよってしばし見学。
「今日は、白いじゃるに乗るの。青いのはあなね」と確認するTsubaki。
JALね
さて、飛行機では、2人ともひざ上なので、広い座席のクラブJにした。プラス1000円でビジネスクラス位の広さの座席になるからお得だよね。
しかしクラブJ、機種によっては乳幼児をひざ上で抱っこするときに(酸素マスクなどの設備の関係で)隣同士が予約できない場合があるから要注意。今回の旅行はJTBでとったのだけど、JTBには「隣同士が予約できなかったので通路をはさんだ隣になります」と言われていたのだけど、JALに直接電話して窓側の隣同士に替えてもらったのだ。
パパとTsubakiママとOhki
Ohkiくん、飛行中は寝ていたが、気圧の変化で耳も痛いのだろう、着陸体勢に入るとワンワン泣く。
泣きながらパイパイ飲んでなんとかやり過ごす。
Tsubakiは赤ちゃんの時から何度も飛行機に乗っているけど、気圧の変化が大丈夫みたいで、あまり泣いたことがない。今回も耳が痛いと言わなかったし。きっと耳抜きが簡単にできる体質なんだろう。兄弟でも違うね。

那覇空港到着!水槽の熱帯魚が出迎えてくれた。チンアナゴを見るふたり。
水槽をみる
空港からレンタカーして、いざANAインターコンチネンタル万座ビーチホテルへ。ホテルに到着したのは17:30、移動は一日仕事だ。
ANAホテルは昨年全館リニューアルをして、とてもキレイだった。青を基調とした館内。マリンブルーという感じでとてもすがすがしくていい感じ
こちらフロント。
フロント
ホテルの真ん中が9Fまでどーんと吹き抜けで、全室オーシャンビューだ
(左)吹き抜け (右)上から1Fを見たところ
吹き抜け1吹き抜け2
タイムカプセルのようなエレベーターに乗ると、天井には琉球ガラスのかざりが。きれいだね。
琉球ガラス
部屋はこんな感じ。こちらも青が基調だ。
お部屋1
ベビーベッドとベッドガードも用意してもらい、ベビーカーも無料でレンタル!お部屋には幼児用ベンザやステップ、子供用の歯ブラシとコップなどのアメニティもあり、沖縄のホテルは子連れにやさしい。
ボーイさんにみんなで撮ってもらう。
みんなで
大きなベッドがうれしくて、ジャンプして遊ぶ。パパにくるりと回してもらってかなりハイテンション!
「沖縄たのしいね~!」とTsubaki。大きいベッドは沖縄ぢゃなくてもいい楽しみだけど、まあいいか(笑)。
遊ぶ1
遊ぶ2
夕食前にホテルの庭を少し散歩。海やプールを見て「つーくんも入りたい~」と言っていた。
海だよ
夕食は、アクアベルでフレンチメインのブュッフェ
ANAホテルはマリンスポーツもレストランも1Fのインフォメーションカウンターで予約を取り仕切っているんだが、着いたのが夕方で下に降りたのが18時まえだったので、「予約しないでレストラン行ってみる?いちおう聞いてみる?」とカウンターで聞いたら、最初に行こうと思っていたレストランはもう20時までいっぱいと言われて、急きょ一番早く入れるアクアベルの予約を取ったのだった。すぐに次の日以降の予約も取った。ANAホテルの人はともかく予約は早めにとるのが鉄則だ。

さて、ブッフェディナー、メインは伊勢海老のグリルだった
ディナーもデザートもガッツリ食べた。Tsubakiはイカスミパスタ、ドラゴンフルーツもデビュー。
ディナー
お風呂は大浴場へ。Tsubakiはパパと、Ohkiはママと入る。脱衣場にベビーベッドがあったので着替えは苦労がなかった。浴場は、赤ちゃんイスはなくバスマットがあったので、Ohkiくん私が体を洗っている間マットでゴロンして待つ。お風呂は大浴槽とジャグジーがあった。
Tsubakiもこわごわながらジャグジーに入れたようで、戻ってきて、「つーくんあわあわのお風呂入ったよ、ママも入りたい?」なんて言っていた 大浴槽の床にはタイルでイルカが描いてあり、これまた嬉しかったらしい。
こちら夜の吹き抜け。青くライトアップされていた。
夜になったらこんな感じ
夜はレンタルしたホームプラネタリウムシアターを見る(Tsubakiへのウケはイマイチ)。
何気に大人が癒されたけど
寝入った子供たち。長男、なぜか隅っこではまって寝ていた(笑)。
寝ています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。