ちわわとカメリアとサクラサク毎日

夫、単身赴任終了!

昨日オットが2年間の単身赴任を終えて、本日11/1より東京勤務に帰任しました。

長かったのか、意外とあっという間だったのか…、よく分からないけど、私、頑張った。オット、頑張った。子供達、頑張った。よく出来ましたの花まる〜な気分でいっぱいでございます!
2年前出向命令が出たとき、次男は生後7ヶ月でした。いつも私から片時も離れない赤ちゃんとまだまだ手のかかる2歳の長男と3人の生活がスタート。
次男はちょうど人見知り時期に入り、毎週パパ見知りしてました。週末慣れて、また次の週末帰ってくる頃にはよそよそしい、という(笑)
夜中に、オットがいない、という不安になれるのに1年以上はかかったかな。それは、、3.11の震災の影響です。茨城に単身赴任の夫も被災者となりました。ライフラインがすべて止まり、常磐線もとまり、彼は翌日、20インチの折りたたみ自転車に乗って帰ってきてくれました。どんなに心強かったことか。

そして昨年4月に育児休暇から復職。2歳差兄弟を持つ友達には、この時期が一番大変、何が大変か思い出せない位色々あるけど、下が2歳になったら随分違うから、と言われ、戦々恐々な思いで(ちと大げさ(笑)?)臨んだ復職でした。
それから1年半の間、私が残業の時など、平日も往復6時間かけて、週に1回、多い時は2回帰ってきてくれました。(定退ダッシュすると延長お迎えにギリギリ間に合う)
この2年で一番大変だったのは、やっぱり夫だったと思います。

それでも、ひとりで色々抱えなきゃいけなくて、余裕はないし、怒らなくていい事で子供達を怒ってしまうことも。自分のキャパの小ささに泣いた夜は数知れず。本気で仕事辞めようと思った時期もありました。
広島と金沢の両家両親にも世話になりました。友達にも助けてもらった。
子供達も、今日はパパ帰ってくる?と帰ってくる日を心待ちにして毎週過ごす2年間でした。
これからは、家族がまたひとつ屋根の下です!

夫が帰ってきたら、、やろうと思ってることがてんこ盛りです。(自分の病院行こうとか、家の片付けとか、平日夜の外出とか!(笑)) さあ、やるわよ!
(Facebook書き込みより)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。