ちわわとカメリアとサクラサク毎日

退院しました

yocchanとTsubakiとOhkiOhkiの炎症反応も収まり、無事母子共に退院しました

授乳室で退院後の授乳指導を受けました。生後2日までおっぱいが上手く飲めず体重が2450gまで減少していましたが、私もガンガンに出るようになり、Ohkiも生後3日目から始まる授乳量計測の頃にはグイグイ飲むようになり(みんなが数グラムしか飲まないと苦労してるなか1回に50~100g飲んでました)、おかげで入院中におっぱいの飲みだこまでつくり(笑)、退院時は産まれた時の体重まで戻っていました。
なので、退院後もおっぱいだけで大丈夫とお墨付きをもらいました。また楽しいおっぱいライフが始まりそうですo(^-^)o。

ちなみに…、今回も相当むくみがあるようで(写真の顔もむくんでいますね)、体重が出産前から2kgしか減っていません(前回は3.5kgしか減ってない~とブログに書いていましたがそれ以上だったか)。Ohkiと羊水胎盤などで5kgくらいはあるはずなんだけどねぇ…。またしばらく減塩食でむくみを取らないとです

授乳室から出てくるとnobuとTsubakiが待っていてくれました。早速「おーくん、見せて~」と気になるTsubakiくん。

(左)最後にお部屋でチャプレン(病院付牧師)の祝祷を受けてました。
(右)おくるみでミノムシのようにくるまれて…、退院しました。(Tsubakiのときのミノムシはこちら
チャプレンの祝梼 みのむしOhki
家に着く前にで寝てしまったTsubakiくん。ベッドで並べてみました。長さが倍以上ちがーう。
ネンネ
ネンネから起きて、Ohkiが気になります。
(左)おててを握ってみたり・・ (右)じぃっと見てます
Tsubaki & Ohki 1 Tsubaki & Ohki 2
(左)「抱っこはこれでいいの?」 (右)ちゅっ
Tsubaki & Ohki 3 Tsubaki & Ohki 4
最後に家族でパチリと撮りました。(手が足りずちび太が抱っこできなかった・・)
これから家族4人と1匹の生活がスタートです
家族でパチリ
スポンサーサイト

入院中 ~ 生後3・4日目

さて、ベビーの名前が決まりました。 Ohkiです。宜しくね!

4/3(土)
ままいくのKayopon、Shinobuちん&Sumiちゃん、Mitsukoさん、Miyaちゃんが面会に来てくれました。
昼寝できずメガトン級でイヤイヤぐずっていたTsubakiくん、みんなが会いに来てくれて、つーくんも偉かったね~と誉められたからか、急に機嫌良くなり、テンション高く、おどけてました。
ままいくメンバー1 ままいくメンバー2

夜の面会時間にOhkiを眺めるnobuとTsubaki。
Ohkiを見るnobuとTsubaki

4/4(日)
日曜日の面会Ohkiの点滴が外れました!抗生物質をやめて1日様子を見て、明日朝の血液検査で炎症反応が出なければ、一緒に退院できます。頑張れ~。

今日はTsubakiくんお昼してから病院に来たので昨日と違って機嫌が良かったです。家族でカフェテリアのデザートバイキングに行きました。産婦さんは無料のサービスです。デザートバイキングといっても産婦さん向けなのでフルーツやヘルシーケーキです。Tsubakiはイチゴとメロンを食べてました。

今日の面会時間にはまっちー&TaiちゃんとTomoちゃんが来てくれました。


その後nobuとTsubakiはお弁当を買ってきて、昨日同様、部屋で3人でお夕食を食べて、Ohkiに面会して帰りました。
(左)Ohkiくん(まっちー撮影)(右)お夕食の時にママの梅びしおを舐めて「すっぱーい」の顔をしたTsubaki。
Ohkiくん 梅、すっぱーい
毎日Tsubakiが帰るとき、「今日はママ帰る?」と聞きます。「今日まで入院だよ、明日は帰るからね」というと頷いて「ママ、バイバイ」と手を振りましたが、別れ際のエレベーターではっとした顔をして私の方に走ってこようとしました。エレベーターが閉まった後Tsubakiの泣き声が聞こえてきました。毎日そんな感じの切ないお別れです。タクシーで広島のバアバと帰る時は「ママも乗るの~」と大泣きして、バアバを困らせました。
別れ際はいつも私も涙が出そうになります。

毎晩、「つーくんのママ~、つーくんのママ~・・・」とか細い声でいいながら眠りにつくらしいです。Tsubaki頑張ってくれてます

入院中 ~ 生後2日目

ベビちゃん、Tsubakiと同様に炎症反応(CRPが3.1)が出てしまい、今日から抗生物質を点滴することになりました。
小さなおててに針が刺さって可哀想ですが、ガンバレ、ガンバレ。
私も授乳室ではなく、処置室で授乳することに。Tsubakiの時は私の退院までに炎症反応も収まって無事母子共に退院できたのですが、先生には母子共に退院できる確率は4割くらいかな~と言われました。おにいちゃんのように良くなるといいね。

お祝い膳今日はお昼ご飯にお祝い膳が出ました。衛生病室の食事は穀菜果食で肉・魚を使わない食事なのですが、なかなかヘルシーで美味しいのです~。これにデザートとしてキャロットケーキとフルーツ、カフェインレスコーヒーが付いてました。しかし2年前の写真を見てびっくり、ほとんどメニューが変わっていない…(笑)。

そして今日はMihorin&Takeruくん親子が会いに来てくれました。
30分位病室でお話していたら、バアバとTsubakiが到着!少し遊んで、一緒にベビーを見に行きました。
Takeruくんと Takeruくんと2

入院中 ~ 生後1日目

ふれあいタイムで抱っこ出産翌日にはすっかり熱も下がりました。今回は会陰切開もしなかったので傷も比較的浅く、産後の体調は前回よりもいい位です。あ、でも後陣痛は今回の方が痛いかな(ただし経産婦の友人に聞いて覚悟していたので意外さはなかった)。

本日朝5:00より授乳スタートしました!
「そうだ、新生児のお口はこんなに小さくて、でも吸う力はとても強いんだった~」と懐かしく思い出しました。
(お陰で3日目には8ヶ月しか間をあけていないのにおっぱいヒリヒリです。)
でもちぃーさなお顔であーんしてフムフムいいながらおっぱい飲む姿はこの上なく愛しい~!
新生児独特のポテトスープのような匂いがまた愛おしくて、何度もほっぺスリスリしてます。

15時過ぎにnobuが来てパパの触れ合いタイムでベビーを抱っこしました。ちょうど目を覚ましていて良かったです。ベビーはTsubakiにソックリだけど、鼻の形が違うねと話しました。
ブビビと胎便が出ましたが、Tsubakiの時に体験済なのでnobuも慌てません。


その後、広島のばあばが保育園にTubakiを迎えに行って病院まで連れてきてくれました。お友達から届いた電報の大きなぬいぐるみを「これ、つーくんの?つーくんの?」と言って抱っこしてました。
電報のぬいぐるみを抱っこ
今回も悩んだ結果個室にしました。椿貴も部屋に来れるし何かと融通が利くので。個室料が高いのがチト痛いですが、食事メニューが選べたり、部屋にトイレ・シャワーが着いているし、携帯も遠慮なく使えるので、まあ便利。
それに今回は、個室の人へのアロママッサージが付いてました!早速ガチガチの肩をほぐしてもらいました。かなり嬉しかった

夜の面会時間には、ままいくのKaoriさんとRieちゃん&Takutoくんがベビーの顔をみに来てくれました
Kaoriさん、Rieちゃん&Takutoくんと

産まれました!

本日14:56に2652g、45.6cmの元気な男の子が産まれました!

Tsubakiが産まれた時と余りに瓜二つだったのでビックリしました
Tsubakiと同じように産まれて私のお腹の上に乗った瞬間から目を開けていました。
Tsubakiより一回りおチビちゃんだけど、産声も大きな声で、分娩後の予備室での触れ合いタイムで初乳を元気に力強く飲みました。

Tsubakiは「赤ちゃん、チョンチョン、ちっちゃ~いね」と興味深々な感じでご対面していました。「赤ちゃん、ちっちゃーい、つーくんおっきーいよ!」とも言ってました(笑)。

今回、陣痛が始まってから4時間18分、分娩室に入って10分で産まれたので、安産だったと思います。しかし陣痛中から38度の熱が続き、出産後何度も嘔吐し、産後は結構朦朧としてました

家族で
でも、Tsubakiは初めての保育園パピーナで頑張ってくれて(午前中はずっと泣き通しだったみたい)、nobuにはしっかり分娩室まで立ち会ってもらって一緒に誕生の瞬間を迎えられたし、出産後の分娩予備室での触れ合いタイムにはTsubakiも広島の母もみんなでベビーと触れ合えたし、最高のお産になりました

ユズちゃん、良く頑張って産まれてきたね。
ありがとう!

退院

今日は退院の日。小春日和でとても気持ちのよい天気です。Tsubakiの退院診察も無事Passして、母子共に退院することができました

新生児室で、今後の母乳/ミルクの量について指導があり、私は最後にきて母乳が結構でるようになってきていたので、退院後もミルクを足さず母乳だけで育てましょうとのことでした!
乳首の傷にもめげずに頑張った甲斐がありました。ヤッタネ。 ちなみに乳首の傷は入院ママの中でもだんとつにひどいほうで私とTsubaki生後1日目にして皮がベロンと剥け、切れ目は入るわ流血するわ血豆はできるわで、授乳時は常に激痛に耐え、授乳後はラノリンや馬油を塗って保湿してました。ママ、がんばったよ!
その後おへその消毒方法を習い、退院のお洋服に着替えました。

ちょうどみんなの授乳時間に重なっていたので、ママ友達に見送られながら授乳室を後にしました。


みのむしTsubakiおくるみで包まれて、ミノムシくんになったTsubaki。

衛生病院はキリスト教系の病院で、希望すればチャプレン(病院にいる牧師さん)の祝祷を受けることができるので、私たちもお願いしました。
聖書の一節を読んで下さり、「母というものはきっと常に子を心配するようにできているのでしょうね、そして父はそういった二人をしっかりと支えてくださいね」とおっしゃられました。「Tsubakiくんはとてもよいきれいなお名前ですね」とも言われました。


お庭で記念撮影そして、Nobu運転の車で、Tsubakiはチャイルドシート初体験で帰宅しました。
マンションの庭で記念撮影。


母とTsubaki午後には広島から産後のお世話をしに来てくれた私の母が到着しました。


出生証明書そして、こちらが衛生病院でいただいた出生証明書です。

Tsubakiくん、ようこそ我が家へ

   

母子同室

私のバースプランのひとつに、母子同室がありました。衛生病院では、個室に限って、ベビーの体調に問題がなければ、生後2日目の朝8:00の授乳後から母子同室がスタートできます。

3/6、「今日から母子同室だわ~」とうきうきしながら授乳室に向かいました。授乳中に「yocchanさん、ちょっと先生からお話があります」と呼ばれたときも、「母子同室の注意事項かも」と周りのママに言いながら、るんるんした気持ちで向かったのですが。。。先生からのお話は、「産まれたとき少し熱があり、血液検査での炎症反応(crpとかいう数値)が出ているため、もしなんらかの感染症にかかっていた場合のことを考えて抗生剤の点滴を投与します」ということでした。母子同室どころか、Tsubakiは新生児室の奥にある処置ルーム行きになってしまいました。

なんだかTsubakiを取り上げられた気持ちになり、思わず涙。その後の授乳タイムに、処置ルームで点滴につながれたわが子を見て、また涙

しかし、順調に炎症反応の数値は下がっていき、退院前日の3/8(土)の午後から、念願の母子同室が許可されました!!母子同室母子同室用のコットにのせて、私の部屋に連れて行きます。この日、金沢に帰る予定の義母とnobuも、お昼ご飯も食べずに飛んできてくれました。 写真はTsubakiを抱っこするnobuの母とその様子をビデオ撮影する私。


母子同室Tsubakiくん天使の寝顔です。


(左)私とTsubaki。うれしくて、たくさんほっぺすりすりしてしまいました。
(右)家族3人で。
私とTsubaki 家族で
 

Tsubakiとの面会

衛生病院では、一日に2回新生児室のカーテンが開き、ガラス越しにベビーと面会できます。

Tsubakiとの面会面会に来てくれた、nobuのお母さんと義妹夫婦。
通常は新生児ルームの大きな窓越しの面会なのですが、Tusbakiは炎症反応が出たため3/6から抗生剤の点滴治療を行ったため、新生児室の隣の処置室の小さな小窓から面会です。


Tsubakiとの面会私とnobu。点滴のチューブがちょっとかわいそうなTsubaki。


そのほかに、パパとのふれあいタイムというものがあり、15:00-16:30の間に30分、授乳室にてパパが直に抱っこすることができます。平日は仕事があるのでなかなか厳しい時間帯ですが、午後半休を取ってnobuもふれあいました。
こちらは3/5のふれあいタイムの写真(治療開始前のため、抱っこできました)。
ふれあいタイム1 ふれあいタイム2

入院生活

今回の出産では、3/4(火)~3/9(日)まで入院していました。

入院生活は意外と忙しく、一日に8回くらい新生児室にいるTsubakiのところに授乳に通います。最初はなかなかおっぱいも出ずTsubakiも連続して上手に飲めないことや、授乳の前後におむつの交換をしたりもするので、授乳は最低でも1時間、長いときは2時間くらいかかったときもありました。
日が経つにつれ、授乳しながらうつらうつらするママも。かくいう私も何度か落ちました(笑)。

【ある日のスケジュール】
2:00  夜間授乳 (希望者のみ)
5:00  授乳
7:00  朝食
8:00  医師の回診
9:00  授乳
11:00 調乳指導
12:00 授乳
12:50 急いで昼食
13:00 胸のマッサージ指導
14:00 授乳
15:30-16:30 新生児室面会時間
17:00 授乳
18:30 夕食
19:00-20:00 新生児室面会時間
20:00 授乳
23:00 授乳

なんだか一日があっという間に過ぎていく感じでした。ただ、授乳室では同じ頃に産まれたベビーのママたちとお話もでき、またプレママ友達のNさんAさんも3/6に出産して入院時期が重なったため、なかなか楽しく過ごせました。
しかも、3/4同日産まれの男の子のベビーちゃん(Kazumaくん)が同じマンションに住んでいることも判明しました!

産まれた日の写真

産まれた日のTsubakiくん。びっくりするほど顔がしっかりしています。なんせTsubakiくん、分娩室で産まれて最初に私のお腹にのったとき、すでに目を開けてました。
(左)新生児室に入ったTsubaki。なんだか歌ってるみたいに見えます。
(右)こちらを見ています。(ちゃんとは見えてないと思うけど)
3月4日のTsubaki 3月4日のTsubaki

愛しい寝顔。 かわいい~
愛しい寝顔 3月5日のTsubaki 

かわいすぎるぞ、Tsubaki。(親ばか)
   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。