ちわわとカメリアとサクラサク毎日

スペアリブ

今夜の夕食はスペアリブ。ネットで検索したレシピをアレンジしてみたんだけど、結構美味しくできました♪
スペアリブ

【材料】(2-3人分)
・豚スペアリブ  500-600g
・野菜(ブロッコリー、なす、にんじんなど適当に)
(たれ)
・オイスターソース  大さじ2
・しょう油  大さじ1~2
・日本酒  大さじ1
・黒砂糖  大さじ3
・ごま油  大さじ1
・カレー粉  小さじ1
・玉ねぎ(すりおろし) 1/3個くらい
・にんにく(すりおろし)  1かけ
・しょうが(スライス)  1かけ (甘い味付けにしたいときはしょうがはなくてもいいかも)

【作り方】
・たれの材料をまぜて、スペアリブを一晩漬け込んで、200℃のオーブンで20-30分ほどこんがり焼くだけ♪

今日は野菜と一緒に耐熱皿にのせて、下にキャベツをしいて、漬け込んだタレを少しかけて焼きましたが、お肉だけをこんがり焼いてあとでお野菜と合わせてもいいかも。
スポンサーサイト

両親学級 ~ 分娩の流れ、呼吸法と無痛分娩について

今日は衛生病院の両親学級の第4回目最後の回で、分娩の流れの説明、呼吸法の練習、そして無痛分娩についての説明がありました。

分娩の流れは前回の復習のような感じ。呼吸法は、陣痛逃がしの呼吸やいきむときの呼吸をテキストに沿って実際にやってみました。
が。呼吸法、以外と難しい。よく聞く「ヒッ、ヒッ、フー」は全部吐く息のことだと今日初めて知りました。(笑) (ヒッヒッで吸って、フーで吐くんだと思ってた)
ともかく過呼吸にならないように、吐く息を意識して体の力を抜くことが重要なのかな。

無痛分娩の説明は、産科院長の伊藤先生から説明があり、硬膜外麻酔の様子や実際のお産のビデオもありました。
2年ほど前から麻酔薬の種類が変わったとのこと。フェンタニルと何とか(聞き取れなかった)の混合だそう。無痛分娩でこのお薬を取り入れたのは衛生病院が初めてではないかとおっしゃってました。(しかし、テキストが古いのはしょうがないとしても、スライドも2年間修正なしなのは、おいおいって感じだけど)

今までは子宮口4-5cmから麻酔を入れていたそうですが、今は3cmくらいから入れることができるそうで、より陣痛の痛みが小さいときから麻酔で痛みをとることができるようです。
また、今までは1時間半おきに麻酔薬の注入が必要だったらしいのですが、今のお薬は断続的に投薬できるらしく、一度入れたらそのまま継続して入れられるそうです。また分娩室に移ってからも従来のように麻酔を切っていきむのではなく、麻酔をしたままいきむそうです。ただ麻酔のせいで(おそらく腹筋もしびれているので)通常のように強くいきめないため、上映された出産シーンでは、看護士さんが、上に乗っかる勢いでぐいぐいお腹を押していました。(^^;) うーん。。
ビデオでは、患者さんは痛いと騒ぐこともなく、するするぽんと赤ちゃんが産まれていました。
ただ、あまりにあっけなくって出産の喜びが減ってしまうのでは。。?と思うほど、ビデオはあっけない感じでした。
まあ、伊藤先生が大袈裟に説明している部分もあると思いますが。(痛くないアピールとして)

しかし、痛みの少ない体に負担が少ないお産であることは間違いないようです。海外では無痛分娩が主流だと言いますし、産むことがゴールなのではなく、スタートなので、体力を消耗しないという点では、メリットは大きいですね。

両親学級終了後は、前回お友達になった、Machikoさん、Nさん、そして今回お隣に座ったAさんと4人でランチ。みんなそれぞれ抱えているトラブル(切迫、貧血、体重管理など)はありますが、同じ3月予定日の仲間なので、会話が弾みます♪

予定日は私が一番早いので、おそらくお産も一番のりになりそう。頑張るゾー。





34w6d 9ヶ月後半検診

今日は9ヶ月の後半の検診。2週間前に1772gだったリルくん、何グラムに成長しているでしょう。

内診の結果、子宮頚管も37mm程度あり、順調とのこと。子宮頚管とは簡単に言うと子宮の入り口の厚さのことで、平均は40-50mmだそうです。頚管長がゼロになって子宮口が開いたらお産の始まりです。私はこれが一時24mmほどに短くなっていて、これも切迫傾向のひとつだそう。
お腹も日に数回張りますが、一般的にもそろそろお腹が張ってくる週数だから、「一応安静だけど、それもあと少しの辛抱ね」と言われました!

さてさてお次は超音波です。リルくん、ちゃんと頭を下にしていい子でいました。(^^) おしりはみぞおちの辺りにあります。大きくなったなぁ。推定体重は。。2336g! やったぁ、2000グラムを超えました!
大きさも平均的で順調と言われました。
明日から35週に入るので、あと2週間もすれば37週の正期産に入ります。つまり2週間後以降はいつ産まれてもおかしくないということ。

また、計画分娩と無痛分娩についても説明も受けました。

計画分娩とは、あらかじめ出産日を決めておいて、前日から入院し、陣痛促進剤を使うお産の方法。先生に利点を聞いたところ、
・心の準備をしてお産に望める
・だんなさんの立会い出産の予定も立てやすい(広島から上京してもらう母の予定も立てやすいなぁ。。)
・平日昼間の出産なので、常勤医師も小児科医も大勢いるときのため、なにかトラブルがあっても対処がしやすい
・予定日を過ぎると胎盤機能が低下するので、その前に計画分娩したほうが安心という考え方もある
等々でした。以前衛生病院で出産したお友達のHちゃんも、計画分娩だったとのこと。初産だったので、計画的に物事が進んでいくのが安心だったと言ってました。 
計画分娩にしていても、その前に破水したり陣痛が始まるケースもあるし、自然分娩でもお産がうまく進まず途中から促進剤を使う場合もあるし、計画分娩だからと行って100%計画通りに行くわけではないし、自然に産みたいと思っても医療介入が必要な場合もあります。
陣痛促進剤に抵抗がないわけではないので、これはnobuとよく話し合って決めよう。

無痛分娩については、明日の両親学級で詳しい説明があるので、それを聞いてから決めます。

なんだか、急にお産が現実味を帯びてきたぞ。。!

体によいものを食べる

妊娠してから、食材に対する考え方が変わりました。

今までは、スーパーに買い物に行っても、特売品や安売りしているものを、気軽に、お、ラッキー♪と購入していたのですが、妊娠してからは、私が食べるものでベビーちゃんが成長するのだと思うと、体によい、安心食材を選ぶようになりました。

例えば。。
・牛乳は、低温殺菌のパスチャライズ乳やノンホモジナイズのものを。
・卵は、抗生物質を与えていない、平飼い(放し飼い)で育った鶏のものを。
・野菜は、無・減農薬の有機野菜を。
・肉・魚も国産で飼育元がはっきりしているものを。
等など。

また、買い物もなかなか行けないので、食材宅配を利用しています。
食材宅配サービスは、COOPやPal System、大地の宅配、らでぃっしゅぼーや等色々ありますが、私が使っているのは、Oisix(オイシックス)です。オイシックスは扱っている品物の品質もよく、気軽にネットで注文できるので便利です。
難点は、毎回宅配のクール便や冷凍便で届くので、確実に自分で受け取らなければいけないところでしょうか。(他の食材宅配はほとんどが自宅前の箱などに置いていってくれる)
今はずっと家にいるので困りませんが、仕事復帰後はちょっと不便に感じるかもしれませんね。

Oisixではどっちの料理ショーで紹介された食材なども扱っていて、私は「神山鶏のささみ」の大ファンです。
多少値は張りますが、家まで持ってきてもらえる便利さと安心の食材なので、手放せません。

本当はスーパー(私が好きなのは、Queen's Isetan!)での買い物も楽しくて大好きなんですけどね。

風邪に注意

なんだか、喉が痛くて、寒気がします。ヤバい、風邪のひき始めだ。。

こういう時は、葛根湯飲んで暖かくして、ちび太を抱っこして寝るに限る!
犬は体温が高くて、平熱が38.5度位あるのです。

我が家では、湯たんぽならぬちびたんぽとよんでおりまする。

20080128190816

誕生日はピザパーティー

今日はnobuの誕生日。
昨日お出かけしたため、今日はおうちでのんびり過ごしました。

夕食は、デリバリーPizzaでのパーティーとなりました。我が家のお気に入りはピザ・ダーノ。
サイドメニューにはnobuお手製の野菜とささみの蒸しサラダ。
ピザ
蒸しサラダ

昨日、今日と外食・デリバリーで思いっきり食べてしまいました。来週の検診では、体重注意が出そうです。。

おくるみ、買いました!

代官山ランチの後、新宿の伊勢丹に行ってリルのおくるみを買いました。

エルメスのパイル地のおくるみを考えていたのですが、2006年末にすでに廃盤になっているとのこと。今あるのは、コットン地の無地のものでお値段も4万円なり。さすがに高すぎだし、赤ちゃんぽくないかなーりシックな感じなので、今回は、パス。

で、6Fのベビー用品売り場にいって悩んだ結果、バーバリーのオーガニックコットンのものを選びました。羊さんの小さなお人形付です。
よくネットで見かけるバーバリーのおくるみタオルも、三角の頭を入れる部分にくまちゃんの顔がついていてかわいかったのですが、オーガニックコットンのものはとても風合いがよく、上品な感じでお出かけにもよく合いそうです。
一緒に、くまちゃんの耳がついたお帽子とスタイ、あと手首につけるガラガラも購入しちゃいました。
これで、リルの退院のときのお帽子とおくるみが揃いました。
バーバリーのおくるみ


自宅用だけど、お箱に入れてリボンまでつけてもらっちゃいました。

家に帰ったらさすがにぐったり、夜までばったんキューでした。

Les enfants gatesにて誕生日イブのお祝いランチ

本日で出産前の鍼治療が終了しました。あとは安静を心がけて出産日を待つのみです!
また、明日nobuの誕生日ということで、本日は代官山のLes enfants gates(レザンファン ギャテ)にて、お誕生日イブのお祝いランチです。
Les enfants gatesは、ミシュラン1つ星獲得のフレンチレストランで、スペシャリテはテリーヌとジビエ料理(野生鳥獣肉の料理)だそうです。うーん、楽しみ!

お店の概観や中の様子はこんな感じ。
白黒のモノトーンとウォルナット調の家具が調和した、落ち着いた雰囲気でした。
Les enfants gates

代官山と渋谷の間のひっそりした場所にありますが、ミシュランに掲載されたからでしょうね、ランチはほぼ満席でした。

ランチコースは2コースあって、テリーヌをメインとするお手軽コースと、テリーヌを前菜にしっかりとメインを食べるコースがあります。今回はお誕生日のお祝いなので、後者を選択。コース内容はこちら。
・アミューズ・ブーシュ
・コレクション・ドゥ・テリーヌ
・本日のスープ
・メイン
・デザート
・キャフェとタルト・オ・ショコラ

飲み物には、nobuは車の運転、私は妊婦なので、ノンアルコールをチョイス。一年に1000本しか作られないというフランス産のブドウジュースをお勧めしてもらいました。これが甘いシャンパンみたいでとてもおいしかったです。
ブドウジュース

アミューズ・ブーシュ(小さな前菜)は、じゃがいもを使った小さなテリーヌでした。パンも焼きたて熱々で持ってきてくれます。
小さな前菜とパン

テリーヌは毎日8種類用意されているコレクションの中からチョイスします。
私が「最低2週間熟成させた田舎風のテリーヌ」(写真左)。田舎風テリーヌは定番メニューだそうで、オーソドックスだけれどとてもしっかりしたお味のテリーヌで、つけ合わせのコンソメジュレやピクルスともよく合い、とってもおいしかった!nobuが「牛テールと牛タンのテリーヌ」(写真右)をチョイス。牛のうまみが凝縮されていました。
テリーヌ

スープは、カブのクリームスープでした。
メイン料理は、私がお魚料理で「うすばハギのポワレ」(写真左)、nobuがお肉料理で「霧島豚のロースト」(写真右)。霧島豚は無菌豚だそうで、少し赤めにグリルしてあり、とてもジューシーでおいしかったです。
メイン料理

そして、デザートは、私が「コーヒー風味のブラマンジェ」で、nobuが「プラムの赤ワイン煮とオレンジのブラマンジェのテリーヌ」です。注文時は逆のチョイスだったのですが、プラムの赤ワインが思ったより効いていたので、nobuに交換してもらいました。
デザート

最後にコーヒーとチョコレートタルトです。nobuのタルトには、Happy Birthdayのプレートとろうそく付き。
コーヒーとタルト

かなりのボリュームで大満足のランチでした。私の体もとっても気遣ってくださりサービスレベルも高かったですよ。最後は原口シェフが外までお見送りしてくれました。こじんまりとしながらもとてもよいお店でした。
大満足の贅沢なひとときでした。

愛情も一緒に貰う

私は36歳にして初産婦で、色々トラブルもありましたが、よいこともあります。
それは、お友達に、たくさん先輩ママがいるということ。
色んなお友達の色んな体験談やアドバイスが聞けて、とても参考になります。

同じ衛生病院で出産した中・高校時代のお友達もいるので、出産の流れや入院時のアドバイスなんかを教えてもらってます。両親学級に加えて、お友達の実体験が聞けるのは心強いことです。
これがきっかけで久しぶりに連絡が取れたお友達も何人かいて、うれしいことですね。
出産準備に関するアドバイスも色々ともらって、最近リサーチも始めました。(今はネットでなんでも注文できるから便利ですよね)

そして、良かったら使ってと、お友達からいくつかベビー用品も譲り受けました。

高校からのお友達のMTちゃんからは、敷布団・掛け布団セット一式。
同じく高校のお友達のMKちゃんからは、ニンナナンナの抱っこ紐。
nobuのサークル友人のTちゃんからは、心音のするベビーミッキーや肌着やその他小物類を色々こまごまと。

こういう品には、お友達がお子さんに注いだ愛情がプラスされているので、愛情も一緒に譲り受ける気がして、うれしいなぁ~って思います。
みんな色々ありがとう。大切に使わせてもらうね。

両親学級 ~ 出産・入院中の生活について

本日はnobuと衛生病院の両親学級に行ってきました。
出産の流れや入院中の過ごし方についての説明があり、分娩予備室・分娩室・新生児室・入院の病室などの見学もしました。

赤ちゃんと同じ重さのお人形(名前:タケオちゃん)の抱っこ体験もあり、3000gの重さを体感しました。ちゃんと首もすわっていない状態につくってあるお人形さんで、首をささえないとぐにゃんとなる状態も体験できました~(笑)
タケオちゃん抱っこ

今日説明があった内容を記しておきます。

お産が始まったら、しばらく(おそらく子宮口が全開になるまで)分娩予備室で過ごすようです。もう産まれる!という状態になったら分娩室に移動するので、分娩室にいる時間は平均で1時間ほどとのこと。
ベビーちゃんは、産まれた直後に分娩室でお腹にのせてもらって少し抱っこできて、その後の分娩予備室で2時間ほど体を休めている間に、30分ほどベビーちゃんをつれてきてもらって初乳をあげる(おっぱいをくわえさせる)ようです。
衛生病院ではカンガルーケアをやっていないと聞いていたので、残念に思っていたのですが、産まれてすぐベビーちゃんとのふれ合いが出来るとのことで、ちょっと安心しました。
ただし、分娩室でのカメラ/ビデオ撮影はNGとのこと!出産シーンの撮影が出来ないんですね。。ちょっと残念。一番感動的な瞬間なのになー。

入院中も個室にするか大部屋にするか、迷います。
個室だと朝の回診後~20時くらいまで母子同室で過ごすことができます。抱っこも授乳も個室でできます。
大部屋の場合は、ベビーちゃんはずっと新生児室にいます。ベビーちゃんとママのふれ合いは、基本的に約3時間おきに授乳室に出向いて7回ほど行う授乳タイムのみのようです。パパとベビーのふれ合いタイムも15:15-16:30の間に20-30分のみ(って平日は仕事してたら無理な時間帯だよな。。)。それ以外は、家族もお見舞いに来てくれたお友達も新生児室のガラス越しにベビーちゃんを見てもらうことになります。しかも新生児室のガラス越しの面会時間も15:30-16:30と19:00-20:00の2時間のみと限られています。
産まれて最初の1週間に、出来るだけベビーちゃんと触れ合うことが大切と聞いたことがあるので、その点で個室は魅力的。好きなだけ触れ合えます。面会にきた夫や家族もベビーちゃんと触れ合えます。
しかし、衛生病院で出産経験のあるお友達からは大部屋がお勧めよって言われてます。ママの体を休められるのも入院中だけだから(退院後はずーーっと赤ちゃんと一緒)、ママの体の回復につとめたほうがよい、また大部屋だと同じ時期に出産した方々と同部屋になるので、ママ友達が出来るよ、とのこと。確かに~。
どっちも捨てがたい。。 もうちょっと悩もう。(笑)

両親学級でお友達もできました!みなさん産休にはいったばっかりで出産準備はこれからと言っていたので、なんだ用意できてないのは私だけじゃないじゃーん、と安心しました。(笑)

悲しいニュース

悲しいニュースがTVで流れました。

先日、出産祝い金強盗に、口に粘着テープをされて、生後18日の乳児が亡くなる事件がありました。そのニュースを見たときも、なんとひどい事件だろうと心が痛みましたが、本日、一緒に強盗にあったお母さんが自らの命を絶ってしまったというニュースでした。。
10ヶ月間、大切に大切にお腹で育てて、やっと産まれてくれた我が子の命を奪われて、生きる気力も失うつらい思いをなさったのでしょう。。。
残されたご家族、特にお父さんはつらいでしょうね。。

もうすぐ子供が産まれる身としては、涙なしには見ることができない衝撃的なニュースでした。
犯人は、数万円のお金のために、2人の尊い命を奪ったのです。そのことを決して忘れないでほしいと思います。

お母さまと赤ちゃんのご冥福をお祈りするとともに、一日も早く事件が解決することを祈っています。

雪が降る

今日は朝から雪が降っています。
雪

今シーズンの初雪はもう少し前でしたが、そのときは夜中にぱらついただけだったので、降りしきる雪を見るのは、今日が初めて。
リルもお腹の中で、この雪を感じているでしょうか。。

ちび太を抱っこして、窓から雪景色を見せたら、「ワン!」
何に吠えてるの、ちび太くんよ?

窓際で日向ぼっこできないから、つまらなそうなちび太。
ちび太

お勧めのマタニティ本

マタニティ本は、妊娠大百科的なもの、体験談的なもの、お産選びの本、マタニティ料理の本など色々読みましたが、私が読んで良かったなと思う本を紹介したいと思います。

まず、一番買ってよかったと思ったのがこれ!
はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!はじめての妊娠・出産安心マタニティブック―お腹の赤ちゃんの成長が毎日わかる!
(2006/01)
A.Christine Harris竹内 正人

商品詳細を見る
お腹の赤ちゃんの成長具合について、毎日どんな状態なのか詳しく解説されています。へー、今爪が出来てきてるんだ~とか、まぶたがうっすら開くようになったんだ~、とか、お腹のベビーちゃんの実際には見ることができない小さな成長具合を知ることができて、楽しいです、その他にも、ママの心身の変化について、体調・栄養・日常生活に対するアドバイス、育児のヒントや、世界各国のお産事情・風習などが紹介されていて、おもしろいです。 

もう一冊がこちら。
おなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのことおなかの中から始める子育て―胎内記憶からわかるこれだけのこと
(2003/03)
池川 明

商品詳細を見る
著者が行ったアンケート結果より、小さな子供には胎内記憶があることが、紹介されています。お腹の赤ちゃんに語りかける等のコミュニケーションの有効性が説明されていて、私はこれを読んで、ベビーちゃんに話しかけるのが楽しくなりました。さらっと読み進めることができる一冊です。

鍼灸治療(東洋医学)で乗り切るマタニティライフ

今日は鍼治療について書きたいと思います。
素人説明になりますが、東洋医学では、「血」のほかに、全身をめぐっているものとして「気(=エネルギー)」があると考えます。この血と気のめぐりや全体のバランスを整えることによって、人間が本来持っている自然治癒力を高め、病気や体の不調をなおしていきます。
「気」のめぐるルートのことを「経絡」といい、経絡に刺激を与える点を「経穴」(いわゆる「ツボ」)といいます。
鍼灸師の先生は、脈診で、体の状態(「血」や「気」の状態)を判断し、適切なツボに鍼や灸で刺激を与える、というわけです。
(鍼灸に詳しい方、間違った記述があれば、ご指摘ください!)

この脈診、あなどるなかれ。例えば、妊婦さんの脈のことを「滑脈」というそうですが、病院で妊娠判定を受ける前にこの滑脈で妊娠が判明することもあるみたいですよ。
鍼灸師の卵のお友達Kちゃんにも、脈診で「yocchan、いま眼が疲れているみたい。眼が疲れるとお腹が張りやすくなるからパソコンもほどほどにね」と言われて、ぎくりとしたこともあります。

私が鍼治療でまず、一番最初に感動したのが、蕁麻疹が治ったこと。
私は妊娠前、蕁麻疹がひどく、毎日抗ヒスタミン薬を飲まないと、赤いみみず腫れのような蕁麻疹が全身に出てしまう状態でした。妊娠が判明して薬が飲めなくなり、しょうがなくステロイドを塗ってかゆみをこらえていたのですが、今の鍼の先生に治療していただいたら、1-2週間で蕁麻疹が出なくなりました。ちなみに治療は、アレルギーに効く足裏の「裏内庭」というツボに、もぐさ灸をします。

そして、妊娠したり、妊娠を継続するために重要なものに「腎」の脈というものがあります。東洋医学でいう「腎」とは腎臓などの泌尿器に加え、子宮・卵巣などの生殖器も含みます。
妊娠後、この腎の脈が強くなって安定すると、妊娠も安定したとみなせるようです。早い人は妊娠直後から、一般的には遅くとも西洋医学でいう安定期(4-5ヶ月)くらいまでには腎の脈が強くなって安定するそうです。
私はもともと腎が弱い「腎虚」の状態で、妊娠後もこの腎の脈がなかなか強くならなかったので、先生に腎の脈が安定するまでは治療を続けましょうね、と言われて、今日まで来た、という感じです。

11月に会社に復帰すると決めたときも、鍼の先生にはすごく心配され「出来ればやめたほうがいいけど。。。様子を見ながら少しでも体調が悪くなったらお休みしてね」と釘をさされての復帰でしたが、やはり先生のおっしゃることは正しかったですね。復帰初日に切迫で入院になってしまいましたから。(笑) 

私が、ここまでこれたのも、西洋医学の治療(お腹の張り止めの薬「ウテメリン」)に加えて、鍼灸治療をしてきたからだと思っています。今の先生を紹介してくれたKちゃんにも、先生にもとっても感謝しています。
逆子もお灸で直りましたしね!(足の小指の付け根に逆子直しのツボがあります)
夜泣きに効くツボ(百会)やおっぱいの出を良くするツボもあるらしいので、出産後も鍼灸のお世話になるつもりです!

冷えは女の大敵だから~

「冷えは、女のストレスだから~、イヤイヤ」
瀬川瑛子がCMで歌っていますが、妊娠を継続する上でも、東洋医学的にも冷えは大敵だそうです。

よく本等にはお腹を冷やさないようにと書いてありますが(お腹を冷やすと赤ちゃんを守る為に羊水の量が増えるそうですね)、足の冷えも良くないそうです。
特に足裏と足首を冷やしてはいけないらしく、私は足が冷えてしまう体質なので(>_<)、鍼の先生からともかく足を冷やさないようにと言われています。

足を温める工夫として、足裏に温灸(千年灸みたいなもの)をしたり、足湯をしたり、家ではおばあちゃんが履くような(笑)遠赤外線靴下をはいたりしています。あと欠かせないのが、レッグウォーマー!私は真夏もクーラーで足が冷えないように、家では薄手のレッグウォーマーをして過ごしました。それでも冷える日は足首や足裏にカイロを張ります。

後は、飲み物は常温かホットにして、なるべく体を冷やす(=寒性)食べ物ではなく温める(=熱性)食べ物を採るように心掛けています。

体を冷やす食べ物には、利尿作用やお通じを良くするもの(緑茶、玄米、ゴボウ等)、夏に採れるもの(トマト、きゅうり、スイカ)、暑い地方の食べ物(パイナップル、カレー等)等があるそうです。
私は健康の為にと玄米食にしていたのですが、今は白米を食べるようにしてます~。
とは言え、ついつい生野菜サラダとか食べちゃうんですけどね。(^_^;)
寒性のものは冷たいままではなく、せめて温めて食べたほうがいいですね。

体を温める食べ物は、冬や寒い地方で採れるものに多く、カボチャ、栗、桃、玉ねぎ、みかん、もち、大根等々。

あまり厳密に考えると大変なのですが、要は季節感のある食生活が体にいいという事なのでしょうね。

後、妊婦が食べない方がいいものとして、クロ鯛とイカを注意されました。イカは血を汚すそうです。反対に蓮根は血をキレイにするのでお勧めだそうですよ。

赤ちゃんに感動

今日は土曜日。
私は平日、ほとんど自宅で横になって過ごしていますが、夫に車で鍼治療に連れて行ってもらう土曜日が週に一度の外出デーで、外の空気を吸う楽しみな日です。

本日は、治療の後、昨年末に出産した元上司の先輩Kさんのお宅に少しお邪魔してきました。
彼女のうちにも、我が家と同じく室内犬がいる事もあり、私にとっては先輩ママとして頼もしい存在です。色々お話を聞けて、良かったです。

生後1ヶ月と少しのベビーちゃんは、とても小さくて、ほにゃほにゃしてて、かわいらしくて、私の中の母性本能が反応したのか、思わず涙ぐんでしまうほど感動しました!

さて、ベビーちゃんを抱っこさせてもらった写真がこちら。
赤ちゃんを抱っこ
私はかなりぎこちない。。。nobuのほうが上手デシタ。
う~ん、クヤシイ。
でも「nobuくん上手で良かっね、yocchan」と言われて、確かに。リルが産まれても抱っこ大丈夫ね。
Kさん夫妻はとっても自然な抱っこの仕方。うーむ、さすが。(当たり前か!)

こちらはスイングチェアーでお手てをパタパタさせてるベビーちゃん。むちゃくちゃ可愛い。。。
お手てパタパタ

ヨソの子でこれだけ可愛いと、リルくんが産まれたらどんだけ可愛いか想像できません!
昔友達が、
「産まれたら世界が180度かわるよ。子供はいいよマジで。『きっと可愛いんだろうなー』という想像をはるかに超えて可愛い!誰か表彰してくれー!って感じ」
と言ってたけど、きっとそんな感じ何だろうな~。
リルが産まれてくるのがますます楽しみになった一日でした。

今日Kさんにお勧めしてもらった育児本がこちらの2冊。早速Amazonで購入!

こちらはアメリカのカリスマシッターが書いた本で、ぱらぱらと見せていただいたところ、図や文字のバランスもよく、とても読みやすそうでした!
赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)
(2002/01)
トレイシー ホッグ

商品詳細を見る

こちらは日本の育児書のバイブルと言われる本の文庫版だそうです。上下巻があります。該当する月齢の部分のみを読めばいいらしく、精神論ではない赤ちゃんの状態が論理的に書かれているらしく、パパにお勧めの育児書だそうです。
定本育児の百科 上 5ヵ月まで (1) (岩波文庫 青 N 111-1)定本育児の百科 上 5ヵ月まで (1) (岩波文庫 青 N 111-1)
(2007/12)
松田 道雄

商品詳細を見る

定本育児の百科 中 5ヵ月から1歳6ヵ月まで (2) (岩波文庫 青 N 111-2)定本育児の百科 中 5ヵ月から1歳6ヵ月まで (2) (岩波文庫 青 N 111-2)
(2008/01/16)
松田 道雄

商品詳細を見る

また、授乳クッションを譲って頂きました。Kさんありがとう~!
授乳クッション

男の料理、豚肉とキャベツの蒸し料理

今日のお夕食は、またまたnobuの男の料理、「豚肉とキャベツの蒸し料理」です。

作り方はいたって簡単だそうで、パスタパンに蒸し器をセットして、キャベツ、豚のモモスライス、にんじん、赤ピーマンなどを交互に重ねて、蒸すだけ!お肉の上にしょうがのせん切りをのせて、味付けは軽く塩コショウを振るだけです。

蒸しあがったら、大皿に出して、カットしてポン酢やゴマだれなどをつけていただきます。
お肉の脂も落ちて、お野菜もたくさん食べれて、とってもヘルシー、妊婦にうれしい一品ですね。
豚とキャベツの蒸し料理

カット面はこんな感じ。
豚とキャベツの蒸し料理2

男の料理、おでん

私は今、切迫早産で自宅安静のため、家事は極力夫に協力してもらっています。掃除は週末にまとめて掃除機をかけてもらい、洗濯は夜寝る前にセットして毎朝干してから会社に行き、ゴミだしもしてくれます。そして料理も、仕事から帰ってきて夜中に次の日のものを作ってくれたりして、本当に感謝、感謝です!

nobu(夫)は、もともとパスタやチャーハンや麺類が得意で、今までも週末にはよく作ってくれていたのですが、最近では、私の担当分野である和食にもレパートリーを広げてきています。

本日はnobuが作った男の料理、おでんでした。
おでんは体も暖まるし、油を使わないし、おだしの塩分を控えるようにすれば、妊婦にはとてもよい一品ですね。
おでん
おでんのコツは、
・味の出るものと味のしみこむもののバランスを考えて具財をチョイスする
・火の通りにくい大根・こんにゃく・卵を先に入れて、練り物は後から入れること
だそうです。

本日は、これに野菜のオーブン焼きを加えました。サツマイモとブロッコリは蒸して、これにピーマン・パプリカ・ズッキーニ・しめじ・発芽大豆を加えて、軽く塩こしょうをふり、オリーブオイルをかけて、少しだけとろけるチーズとマヨネーズをかけて、オーブンで焼きました。野菜の甘みが堪能できる一品です。
焼き野菜

32Week 検診と4D超音波

今日は32Weekの検診でした。1772gと若干小さめでしたが、リルくん、超音波で元気な姿を見せてくれました。
衛生病院では、産科外来を7人ほどの先生が担当しています。毎回同じ先生で予約を取ることもできますが、人気の先生はすぐ埋まってしまいます。私は女医のS先生にメインで診ていただきながら、S先生の予約が取れなかったときは、時期を優先して他の先生にも診て頂いています。S先生は、はきはきと早口ですが、優しくて的確なアドバイスをくださいます。

今日の検診は、おじいちゃん先生のW先生です。W先生のいいところは、超音波をたくさん長ーく見せてくれるところ!「わー、かわいいお顔してるねー」といいながら見せてくれるのでとてもほのぼのします。我がベビーちゃんリルくんは、手を顔の前において体育すわりのように脚をまげていました。お顔のむちゅっとした表情もとってもかわいい! 脳の超音波所見も水頭症などなく異常なしで、血管の拍動も力強く見えました。
そして、数日前、逆子にもどっている感触があったのですが、ちゃんと頭位(頭が下の正常ポジション)に戻っていました!よかった、よかった。逆子直しのお灸が効いたかな~。
へその緒が軽く首に巻きついているそうですが、これくらいは大丈夫と言われました。ちょっと心配ですが、良くあることらしいので大丈夫でしょう。
次回の検診は2週間後、そのときはきっと2000gを超えているでしょう。楽しみだな~。

私は切迫流産を経て切迫早産の状態なのですが、他の方も同じだと思いますが、ベビーちゃんの成長の節目節目をうれしく思いながら、胸をなでおろしながら過ごしています。切迫早産の今、いつもよりたくさんお腹が張ったり、しくしく痛みが続くときは、このまま産まれたらどうしよう、リルになにかあったらどうしようと不安になります。不安に思いながらひたすら安静にと横になります。
流産と早産は妊娠22週で区切られます。これは22週を過ぎると産まれても生きていける可能性があるということで22週以降が早産と定義されているのです。切迫流産だったときは、ともかくこの22週を無事に超えることが目標でした。22週に入った時はバンザイしたいほど嬉しかったのを覚えています。しかし、リルの推定体重は458g。いくら22週を超えたからといって、500gない状態で産まれては大変、また23週のときに切迫早産で入院したこともあり、次の目標は1000gを超えることになりました。25週末に4D超音波の撮影に行ったときに950gくらい、いよいよ1000g、ペットボトルと同じ重さになるのね~としみじみしながら、次は妊娠30週をクリアすること、そして今は2000gを越えること、が目標になってます。
あと少し、一緒に頑張ろうね、リルくん。

4D超音波について少し書いておこうかな。衛生病院では3D/4D超音波がないので、4D超音波は経堂にある波平レディースクリニックというところに行ってきました。このクリニック、かなりお勧めです。医師がちゃんと撮影してくれ、詳しい解説をしながら、20-30分前後ばっちり3D映像をみせてくれます。私はベビーの顔が子宮壁にくっついていてはっきり撮れなかったことから、なんとかお顔を映そうと先生が頑張ってくださって、40分くらい超音波を見せてくださいました。
私は昨年の11/28、自分の誕生日に、お義母さんに付き添ってもらっていってきたのですが、くっきり見えるわが子の映像に大興奮、涙が止まりませんでした。「リルくん、とってもハンサムね~」とはしゃいぎまくってしまいました。最高の誕生日プレゼントでした。
ちなみにお値段は、初診料810円+4D超音波9,000円でした。映像はDVDにダビングしてもらえます。

4D映像のキャプチャ画像がこちら。
頭が透けてしまってます。顔の前にあるのは、足。大人ではできないポーズですね~。顎の下にお手てがあります。足の親指と人差し指でチョキしているのは、夫似です。
3D超音波その1

こちらはお顔の正面です。いずれも心の眼で補いつつ見る必要がありますね~。(^^)
3D超音波その2

チョコレートフォンデュ

Aさん夫妻とNobooがおうちに遊びに来てくれました。AさんもNobooも元同じ会社のお友達で、プロジェクトで昼夜を共にした仲です。
Aさんも、私より予定日が5週間ほど遅い妊婦さんです。お腹の中のベビーちゃんたちは、何かお話してたのかなー?

おやつパーティーだったので、Aさんが持参してくれたチョコレートフォンデュを楽しみました。チョコレートフォンデュは初めてやりましたが、なかなか楽しいですね~。チョコレートに生クリームとミルクをまぜてフォンデュにします。チョコにディップした素材は、定番のフルーツ類(イチゴ、バナナ、キウイ、メロン、パイナップル)とマシュマロに加えて、ポテトチップス、ミニクロワッサン、スティック菓子など。イチゴは半分凍らせて、フローズンにしてみたところ、おいしー♪おなかいっぱいいただきました。

甘~いチョコの後は和の物ということで、Nobooが磯辺焼きを作ってくれました。Noboo家秘伝の焼き海苔を持参してくれたのですが、これがウマイ!日本橋嘉根保(かねやす)さんの焼き海苔です。早速お取り寄せリストに追加したい一品です。
チョコレートフォンデュ

ちび太は、お客さまに大興奮。うれしくてワンワン、みんなになでなでしてもらって喜んでました。みんなに「相変わらず小さい」、「やっぱり小さい」と言われてました。1.4kgのちび太くんは、もうすでにリルくん(私のお腹の中のベビー)よりちびちゃんなのです。
なでなでしてもらうちび太

最後にみんなでパチリ。前列左がAさん(妊娠7ヶ月後半)、真ん中が私(妊娠9ヶ月)、右側がNoboo(臨月?いえいえ、タオルケットをお腹に入れて遊んでます)。
Aさん夫妻とNobooと

クラッチブーケ

ランチの後は、月に一度のフラワーアレンジメントスクールです。自宅の近くの阿佐ヶ谷のお花屋さんアヴェールの店内にお教室のコーナーがあります。アヴェールは原宿にあるフラワースクール「リベルテ」の認定校で、私は初心者のエントリーコースの、イニシアシオンコースを受講しています。
このコースでは、普段使いできるテーブルフラワーやアレンジを作るので、普段お花を買って飾るのにも参考になるテクニック?が学べます。
レッスンもとても和気あいあいとした雰囲気で、また中学からのお友達のNちゃんと一緒に通っているため、彼女との楽しいおしゃべりの時間でもあり、やはり月に一度の楽しみなイベントです。Nちゃんが、私の体を気遣って、いつも終わった後家までで送ってくれます。Nちゃん、ありがと~。

さて、本日のテーマは、「クラッチブーケ」。スパイラルに組む、花束風のブーケです。
スパイラルは、中心となるお花に対して、お花やグリーンなどを半時計まわりに配置していきます。このとき足すお花の茎が常に右側にくるように(ようは同じ方向に)配置することによって、後でお花の高さを整えたり抜いたりするのも簡単にできるのです。
が、、言うは易し。スパイラルが崩れないように手に力が入るので、手が疲れます。そして、なぜか中心に決めたはずのお花がはじのほうに行ってしまったりして、なかなか上手に組めません。どうも私はスパイラルが苦手です~。

で、本日の作品はこちら。花材は、バラ・ラナンキュラス・アネモネ・ピット・グリーンミスト、そしてまわりにレモンリーフをはわせました。おうちで、スパイラルの茎が見えるようにと、透明なガラスの花器に飾りました。
クラッチブーケ

さすがに今日は動きすぎたようで、帰宅後たくさんお腹が張ってしまいました。
リルくん、無理してごめんね。この日は夕飯もそこそこに早々に眠りにつきました。

Braceria La Fameでランチ

今、私は毎週鍼治療に通っています。鍼についてはまた別の機会に詳しく書きたいと思います。東洋医学や鍼はとても奥が深いのです~。
自宅安静中のため、病院に行く以外は外出せず平日はずっと家に篭っているのですが、鍼の治療院が渋谷と代官山の間にあるので(夫に車で連れて行ってもらっています)、夫と鍼治療後に代官山近辺でランチをするのが、今の私のひそかな、というかかなりの楽しみなのです~。

本日は、代官山のお手軽イタリアン、Braceria La Fame(ブラーチェリア・ラ・ファーメ)でランチしました。
このお店は駅から遠い(おそらく代官山駅から歩いて10分以上かかるのでは?)穴場的場所にあります。手打ちパスタと炭火焼きがご自慢のお店だそうで、内装は気取らないカジュアルな感じです。
ラ・ファーメ

ランチは1350円のコースをいただきました。パン・有機野菜の温野菜サラダ・本日のパスタ・デザート・ドリンクという内容です。結構コストパフォーマンスがいいですね。(他に1050円のコースもありました。こちらは確かパンとサラダとパスタかな?)
パンは牛乳パンで甘くてもちもちとしています。軽く揚げてるんでしょうか、耳の部分がかりかりっとしていて食感が良かったです。
牛乳パン

有機野菜の温野菜は、さつまいも・かぶ・にんじん・いんげんなどの温野菜にパルメザンチーズがまぶしてあり、かなりボリュームがある一品でした。温野菜は体が冷えないのでいいですね。
温野菜サラダ

本日のパスタは松坂ポークのミートクリームパスタと有機野菜のトマトベースのパスタでしたので、夫と二人でミートクリームパスタをチョイス。かなりボリュームがありましたがおいしかったです。
松坂ポークのミートクリームパスタ

デザート&ドリンクは、夫がキャラメルのケーキとコーヒー、私はヨーグルトのシャーベットとカプチーノをいただきました。
デザート

このボリュームで1350円はお得なランチでした。お味も良かったですよ~。

プレママティー

今、妊婦さん向けのハーブティを飲んでいます。
Herb Garden SHOPのプレママブレンドというもので、会社の同じ部署の先輩ママのTさんからいただいたものですが、とても良いお茶で毎日飲んでいます。(Tさん、ありがとうございます!)
プレママブレンドハーブティ

このハーブティは、ルイボス・ネトル・ローズヒップ(パウダー)をブレンドしたもので、鉄分補給にもなる優れものです!妊婦さんの半数くらいが鉄剤を処方されるほど妊婦は鉄分不足になりがちなのですが、こお茶のおかげか、私は鉄分不足になりませんでした。ローズヒップが入っていますが、全然すっぱくなくとても飲みやすいハーブティなので、お勧めです。
こちらのショップでは、母乳によいハーブティなども売っているみたいなので、ベビーが生まれた後も楽しみです。

Tさんは、昨年12月にお見舞いがてら遊びに来てくださり、マタニティミュージックのCDや育児などをいただきました。(ベビーサインなど興味があったので、読むのが楽しみです)
胎教には、なるべくテレビを見ずに、こういったマタニティミュージックを聴いてリラックスしたり、ベビーに話しかけるのがいいみたいですね。天使のゆりかごCDは子宮内血流音がバックに流れるオルゴールのCDです。ベビーが産まれたら聞かせます。
TさんにいただいたCDと育児本

このほかに、ソフロロジーのCDもいただき、これを聞いていると心地よく眠りにつけます♪

妊娠9ヶ月、今までを振り返って

今日から妊娠9ヶ月(32週)に入ります。
出産が近づいてきたな~としみじみ思います。出産予定日は3/6です。

私は36歳の初妊婦なので、世間でいうところの、いわゆる高齢出産です。結婚9年目にして授かった、大切な大切な命です。

妊娠が判明したのは、2007年の6月28日。病院で妊娠判定を受け、お医者様に「ばりばり、妊娠してますよ」と言われたときは、うれしくてうれしくて。わーんわーんと泣いてしまいました。
7/5(5週)に胎のうが確認できて一安心。
7/16(6週)に、心拍が確認できました。ぴこっと動くわずか4mmの命にじーんとしました。この時期はまだ胎児ではなく胎芽ですね。胎芽ネームを「ためちゃん」と命名。^^
8/7(9週)に産院「東京衛生病院」に転院し、初めての検診を受けました。ためちゃんは胎児に成長していて、小さなベビーの姿を見て、また感動。胎児ネームは「リル」に決定。^^
9/4(13週)に心音が確認できたとき、その早い鼓動に驚きました。
10/16(19週)に、夜ベッドに横になったとき初胎動を感じました。ぽこっと泡がはじけるような感じ。。お腹の中に確かに命があるんだ、生きているんだと強く感じました。
いずれも感動的な忘れられない出来事です。
 
私のマタニティライフはあまり順調とは言えず、悪阻・甲状腺亢進症・切迫流産・切迫早産と一通り?のトラブルを経験しています。(笑)

妊娠5週目からつわりがスタートし、7週目にはかなり悪化、会社にほとんど出社できなくなりました。昨年の夏は何度も何度も衛生病院に点滴に通い、体重も-6kgまで落ちました。(今までどんなダイエットより痩せたんだよな(笑))一日に何回も吐く日は、数回目からはのどが切れて血を吐きます。
ちなみに私がつわりの時期に食べられたものは、アイス(ハーゲンダッツ、シャーベット系)、お粥、フルーチェです。リプトンのアイスティーやグレープフルーツジュースがおいしくて、夫に500mlパックでたくさん買っておいてもらいました。
その他にも日によって、かんぴょうなどの巻き寿司やミスドのドーナッツ、菓子パン、コンビニのお蕎麦などを食べていました。よく聞くところ天は一回だけおいしく感じましたが、その後はダメ。つわりって面白いですよね、ある日は食べられたものが、別の日にはもう食べられない。妊娠5週から16週くらいまで、およそ3ヶ月苦しみましたよ~。人生であんなに吐く事って、(次の妊娠以外)ないだろうな~。。って思うくらい吐きましたね。(笑)
自宅作業とテレカンファレンスでなんとかほそぼそ仕事をしていましたが、腹痛がひどく出血もあり、10月頭に切迫流産と診断され、会社を一時休職することになりました。
11月から会社復帰したら、久しぶりの出社日に腹痛とお腹の張りがおさまらず、夜中に病院に行ったら、そのまま切迫早産で入院となりました。おかげさまで数日間の短期入院で退院できましたが、これでさすがに私も仕事に対する諦めがつきましたね。当時の上司にも、「腹をくくって産むまで休みなさい」と言っていただき、今度は切迫早産で休職に入りました。このまま産前・産後休職に突入する予定です。
その上司の方も実は妊婦さんで昨年末無事女の子をご出産されたのですが、私のことをとても気遣ってくださり、身重の体で仕事のカバーもしてくださり、本当に感謝でいっぱいです。Kさん、本当にありがとうございます!

そんなこんなで順調とは言えないマタニティライフで、思うように動くこともままならない安静状態ではありますが、よくここまでこれたなと思います。
えらいぞ、リル!あと少し、ママと一緒に頑張ろうね。

デジタル一眼レフ、買いました

出産準備の一環として、お正月の初売りでデジタル一眼レフカメラを購入しました! これで産まれてくるベビーちゃんの撮影はばっちりです。
購入したのは、オリンパスのE510という機種です。我が家は一眼レフはまったくの初心者なので、まずは夫がカタログを収集し、リサーチ開始。初心者に使いやすいモデルとして、CanonのEOS KissとNikonのD40X(キムタクがCMをしている)を候補にしていました。この2機種はいずれも初心者に人気があるそうです。
しかし、イザお店のかたの話を聞くと、断然オリンパスのE510が魅力的だったので、その場でE510に決めてしまいました!こちらも初心者向けで様々な撮影モードが用意されており、気軽に撮る事ができます。
E510の特に良いと思った点は、下記のようなところでしょうか。
  • 手ブレ補正機能がレンズではなく本体側についている ・・・ 他の機種はほとんどが望遠レンズ側に手ブレ補正機能がついています。本体側にあるとどんなレンズでもOKなので、いいですよね。望遠じゃなくても手ぶれしちゃうこともあるだろうし。
  • 液晶モニターを見ながら撮影できる ・・・ コンパクトカメラのように、液晶モニターを見ながらの撮影が可能です。EOS KissやD40Xなどはファインダーを覗いてしか撮れないのですが、液晶モニターごしに撮影できると、ファインダーでは覗けないようなハイアングル/ローアングルの撮影も可能です。
  • ダストリダクション機能 ・・・ 電源を切るたびに超音波?で自動的に小さなごみなどを取り除いてくれます。初心者は下手にダストの掃除などをしていると壊すこともあるそうで。。
  • 軽い ・・・ 本体で500g弱とNikonにまけない軽さです。
我が家では、E510のダブルレンズキット(通常のレンズと望遠レンズ付)を購入しました。一眼レフのことはこれから勉強しなければいけませんが、パチパチ撮影するのは、楽しいですね~。

大掃除

ちなみに、昨年末の大掃除は、私が動けないので、初めてプロの手を借りてみました。
アクスさんというところにお願いしました。水周り(キッチン・お風呂場・洗面所・トイレ)はもちろんのこと、床掃除、窓拭き、ベランダ掃除にキッチンと洗面所のセラミックコートもする、在宅完全コースというおうち丸ごとのお掃除です。エアコンの分解洗浄もやっていただきました。お値段もそれなりにしたけど、男性5-6人で一日かけてお掃除もらったのでかなり本格的にお掃除できました。
水周りのお掃除はさすがプロですね~、特にお風呂場の鏡がぴかぴかになったのには感激。(アクスさんはこのお風呂場鏡の白い水垢落としに自信があるようです。)(杉並区の水はカルシウムが多いのかな?白いカルキ汚れが多い気がします。)
また、ベランダ一面に敷き詰めているタイルを全部はがしてのお掃除は自分達でやるには相当骨がおれますし、大きな荷物をどけてのフローリングのワックスかけも助かりました。うちはチワワのペットのちび太くんが室内犬として歩き回っているので、ベビーが産まれる前に、カーペットの高温洗浄もやりました。健康を考えて自然洗剤を使ってもらいました。

やっぱりきれいなうちで迎えられる新年はいいですね。
ちび太は、知らない人が何人も家の中をうろうろしているので、ずっとそわそわ&ワンワンしてました。
大掃除のときのちび太

お正月料理

2008年のお正月は、妊娠後期&切迫早産で自宅安静ということもあり、結婚 9年目にして、どちらの実家にもいかず自宅でゆっくりと過ごしました。
お節も作らず、今回は伊勢丹で購入。日本橋大増さんの一段重(写真奥)とパレスホテルの洋風2段おせち(写真手前)です。洋風お節は子供向けで、お正月のお飾りの小さいおもちゃ(獅子舞のお手玉やこま等)がちりばめられていて、とてもかわいらしかったです!
2008年お節料理

唯一作ったのは、お雑煮。母にならって具材を別々に味付けして作りました。しいたけ・にんじんは甘めに、お大根・蓮根は味を濃くせず、鶏肉は昆布のおだしで煮付け、鶏肉の煮汁をお雑煮のおつゆに使いました。妊婦なので全体的に味付けは薄めです。
お雑煮

お正月に食べるお餅って、なんでこんなにおいしんでしょうね~。お正月ってどうしてついつい食べ過ぎちゃうんでしょうね。次回の検診では、体重注意の指導をされそうです。。

2008年 明けましておめでとうございます

2008年になりました。
今年はベビーちゃんが誕生する記念すべき年になります。わくわくします♪
妊娠、出産、育児の記録をブログに残しておきたいと思い、ブログを始めます。

さて、我が家の年賀状は、今年もチワワのちび太くんがモチーフです。
衣装は、ねずみ年にちなんで、ミッキーのタキシード。
2008年年賀状

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。