ちわわとカメリアとサクラサク毎日

ママイキ1回目 ~ 聴く

今日は、「ママのイキイキ応援プログラム(通称ママイキ)」というママのためのコーチング講座を受けた。
このママイキは、ひろっしゅコーチこと山崎洋美さんが講師を務める全5回の「ママがイキイキとハッピーになれる」ことを目指した講座で、今回は127期@阿佐ヶ谷のだそう。4年前から実施されているママイキは、阿佐ヶ谷だけでなく全国各地で実施されて、とても評判がいい講座なので、楽しみに受講に向かった。

天気はあいにくの雨だったが、63名の受講者が集まる。もちろん全員ママ。託児が必須なのを知らず(書いてあったかなぁ…?)のんきにOhkiを連れていったら、ベビ連れ受講はわずか2名。あらら…。しかしOhki、おしゃべり声は出していたもののの、おっぱいをしながらとってもいい子で居てくれた。
ひろっしゅコーチ、とってもエネルギッシュな方で、話もとても面白い。2時間の講座の間中笑いが絶えなかった!

さて、第1回目の講座内容は、「聴く=傾聴」だった。講座でなるほどと思ったポイントを簡単にあげておく。

  • 子育てのゴールは「子供の自立(自律)」
    自分で生きていく力をつけさせること。良い子(=親にとって都合の良い子)にすることではない。
  • 人の「本質」は変えられない、意味づけ(見方)を変えるべし
    人(子供)の本質は、何を言っても、本人が変えたいと思わない限り変わらない。なので、意味づけをマイナスからプラスに変えてあげるとよい。例えば「落ち着きがなくて困った子」というのはマイナスの意味づけ。「元気で子供らしい子」というプラスの意味づけをしよう。
    子供に対しても、いつも「いい才能を持ってるね」とプラスの意味づけを言い続けてあげることで、本人もその気になる(ひろっしゅコーチ曰く「Happyな勘違い」)。
  • 怒りは過度の期待や悲しみの上で起こる
    怒りは第2次感情と言われ、(過度の)期待が裏切られたり悲しみがベースにあって湧き上がってくる。怒りはぶつけてしまいがちだが、感情は伝えるべきもの。怒りの下にある気持ちを伝えよう。この期待や悲しみの度合いによって、我々は怒るか怒らないかの感情のボーダーラインのバーを(自分で)あげさげしているのだそう。
    具体例として、苦労してクリーニングしたラグに子供がオレンジジュースをこぼしてしまったら怒ってしまうがそれは「しばらくの間はラグを汚したくない」という期待が裏切られたからという話があった。「これが好きな芸能人だったら怒らないで「お怪我はないですか?」とか言っちゃうよね、それは芸能人になにも期待してないからだよね」とひろっしゅコーチ。
  • 脳みそは主語をキャッチしない
    子供をがみがみ叱ったり、誰かを怒鳴ったりしたら、実は自分も傷つくのだそう。その話をきいて、子供をいつも叱っちゃう母親って、自分は気が付いていないけど自分のその言葉にダメージを受けてまたそのせいで子供に当たってしまうという負のスパイラルに入っているのかな?と思った。

かなり有意義な2時間だった。
講座終了後は、ピエトロでランチしました~。
スポンサーサイト

借りぐらしのアリエッティ展

今日は、ママ友のYuちゃん&Yukiくんと、Ohkiを連れて、清澄白河にある東京都立現代美術館(MOT)に「借りぐらしのアリエッティ展」にいってきた。
アリエッティ展
種田陽平presentsの私達がアリエッティの世界を体感出来るセットで、映画をまだ見ていないけどかなり楽しかった。映画の世界をかなり忠実に再現しているようで、映画を観るのが楽しみだ。
アリエッティ展、10/3までだからか、雨の平日にも関わらず結構混雑していた。お客さんの世代も幅広く、ジブリファンの層の厚さを感じた。しかし入場料1200円も取るのに、写真撮影NGなのがいただけなーい、と思ったら、映画セットにも肖像権が発生するんだね。
こちら、外にある記念撮影用のボードの前で。アリエッティのお部屋だよ。
アリエッティ展2
ランチは雨も降っているので移動せずに、美術館内のレストランCONTENTにて。
阿佐ヶ谷に帰ってきて、Yuちゃんのおうちにお邪魔してしばしおしゃべり。OhkiはYuくんのダンシングくまさんと対面したり、じゃんぱるーで遊ばせてもらった。
Ohki1Ohki2

呉市中央公園にいく

今日は、ばあばと4人で呉市中央区園に遊びに行った。ここはビル3Fだてくらいの高さの大きな遊具があり、また乗り物やゴーカードもあって、なかなか楽しい公園だ。
遊具はこんな感じ。滑り台が3つついている。
遊具
何度か滑り台を一緒に滑ったあと、ゴーカートに乗る。
(左)「これに乗ろうよ」 (右)ママがペダルを踏んでTsubakiが運転。真剣に運転していたよ!
これに乗るよ運転中
白バイも乗りたいなぁ
しろばい
コインを入れる乗り物にもたくさんのった。どれも同じような感じだからひとつのればいいんじゃない?なんて思っちゃうけど、子供はそうじゃないらしい。「楽しいねぇ!」ととても楽しんでいたよ。
ヘリコプター。楽しそうに笑っている。
ヘリコプター1
回ってるよ~
ヘリコプター2
電車出発しまーす
電車
ここをひっぱればいいのかな?消防車の運転。
消防車
一通り乗り物に乗って満足した後は、やっぱり大好きな滑り台へ!
最初は「怖いからママ一緒に登ろう」と言って、らせん階段も手をつないで登っていた。
(左)「一緒に登ろうね」(右)長い滑り台楽しいねぇ。
怖いから一緒に登ろうね楽しいねぇ
3つあった滑り台のうち、この一番高いところからの長い滑り台がとっても気に行っていた。
ロープの橋も渡ってみたよ。
ロープ橋も渡ろう
そのうち「一人で登れるよ!」と言って、一人で上まで登って行って、一人で滑ってくるように。途中で5歳のおにいちゃんとお友達になり一緒に登って滑ったりしていた。(右の写真で後ろに写っている子)
一人で登る一人で滑る
何度も滑っているうちに、
(左)体をねかせて滑ったり (右)ついには、頭を下にして「悪い子すべり~!」と言いながら滑っていた。Tsubakiはこの「わるいこ滑り」がいたく気に入っていた。ニッコニコの笑顔だよね
ねんね滑り悪い子滑り
おひるごはんを食べるのも忘れて遊んでいた。お腹がすいたので、ばあばにおにぎりなど買ってきてもらって木陰で食べた。
お団子おいしいなぁ。
お団子
夜は最後の晩なので、船の見える音戸のレストランで食べた。

楽しい広島帰省だったね。じいじ、ばあば、ありがとう。
9/27は千葉で仕事があるじいじと一緒にに乗った。雨が降っていたので羽田空港からはタクシーで自宅まで。でも2人子連れの移動は一日がかりで大変だった。

広の公園

今日は午前中、Tsubakiくん、じいじと一緒に呉市広町にある公園にいく。こんなアスレチックっぽい遊具があった。
遊具
「登るよ~」
Tsubaki1
「こっちも、ひとりで登ってみる」
Tsubaki2
「やっぱり、じいじ、手伝って!」
Tsubaki3
ママと一緒に手をつないで滑り台!
Tsubaki4
「鉄橋だ!鉄橋だ!たのちーなー」
Tsubaki5
タイヤのブランコも楽しんだよ
Tsubaki6

広島6日目 ~ 呉ポートピアパーク

9/23にnobuが一足先に東京に戻った。今日はじいじが仕事だったので、ばあばと4人で呉ポートピアパークに行ってきた。
ここは夏にはじゃぶじゃぶ池という水遊び場もあるらしい。
到着してまずは、ふわふわドームへ。ママと一緒に登って、ジャンプしたり、転がったり、走ったりした。
ふわふわドーム1
ふわふわドーム2
次に、広場にある舟型の遊具に行った。大好きな滑り台が3つあり、かなりはしゃいで遊んだ。
遊具
「ママは危ないから登れないよ。ここで待っててごらん。つーくんはお兄ちゃんだからね~、登れるんだよ」などと言いながら登っていた(笑)。生意気発言だ~
Tsubaki1
しゃらしゃらの(鉄バイプ)滑り台がお気に入りで何度も滑っていた。
Tsubaki2Tsubaki3
長い滑り台はスピードが出て、私はヒヤヒヤしていたが、本人はきゃきゃきゃ~と楽しそうだった。
(左)乗り物だよ~ (右)垂れ下がっているボールに乗るのはちょっと怖いのか、すぐ降りる~と。
乗り物ボール
Ohkiはベビーカーだったりばあばに抱っこされて待っていた。
Ohki
ひとしきり遊んだ後は、乙女椿というレストランでランチ。おもちゃのお店ものぞいたりして。
ばあばとパチリ。
ばあばとTsubaki
最後に屋内の子供館で遊んだ。滑り台をしたりブーブに乗ったり。
Tsubaki4
オヤツにソフトクリームを食べて、たっぷり遊んだ後は、クルマに乗って即寝のTsubakiくんだった。

広島4日目 ~ 阿佐動物公園

朝旅館のチェックアウトの時に写真を撮ってもらった。奇跡的に!今度もみんなの視線がちゃんとカメラを向いている
みんなで
さて、三原を後にして、広島市内に戻り、安佐動物公園に行くことに。
移動の途中から雨がぽつぽつと降り出し動物園に着くころにはザーザー降りに。どうしたものかと思っていたが少し待っていたら小ぶりになったので、入ることにした。
入口すぐの猿山にて。Tsubakiくんお昼寝から目覚めたばかりなので、ちょっとぼーっとしている。
猿山
猿山の裏に、「おさるさんと綱引き」できるコーナーがあった。パパと一緒に綱引きしてみる。お猿さんの力は思ったより強くて、Tsubakiはひっぱられてつんのめりそうになっていた。
綱引き
この安佐動物公園、動物を結構間近で見ることができて、なかなか良かった。園内も適度なアップダウンがあってお散歩にもいい感じ。なにより空いてて良かった!
初めて生のキリンさんを見るTsubaki。一年前に上野動物園に行ったときは、まだ小さくて園内全部をみることができずキリンさんを見れなかったのだ。「きりんさん、おくびながーいね」
キリンさん
「しまうまーに、しまうま!」とゆうがたクインテットの歌を歌いながら、しまうまを見学。
しまうま
その他、だちょうやバク、チンパンジー、水牛、バッファローなど色々見て回る。Tsubaki、だんだん調子づいて「次は、何見ようか?」と怖がらず色々意欲的に見ていた
チンパンジーが「ぎゃーぎゃー!」とけんかをしたときは、印象深かったのか「今なんでチンパンジーけんかしたの?」「いい子のチンパンジーが悪い子のチンパンジーを怒ってたのかなぁ?」と何度も聞いていた。

園内にあるレストランで13時ごろ遅めのランチした後、続きを見て回る。
が、動物たちもお昼ごはん後で、ほとんどが昼寝タイム
広島カープの応援が得意で、バットでボールを打つことができる熊のクラウドくんもお昼寝中。「くーらうどくん!おっきってー」と呼びかけてみたが、しらんぷり~で寝たままだった(笑)。

猛獣エリアでも、らいおんさんやとらさんはお昼寝中。唯一ヒョウがうろうろと動きまわっていて起きていた。昔ながらの狭い檻で近くで見ることができて、ちょっと迫力があった。
ヒョウ
Ohkiのベビーカーを押していたnobuが「おれ、ちょっとヒョウと勝負してくるわ」と言って、睨めっこしにいった。戻ってきて「ヒョウのやつ、あなどれね~!」だって。なにかと思ったら「近くに来た時おれがきっって睨んだわけ。そしたらヒョウのやつおれのことはちっとも見ずに、ジロリっOhkiのこと見て行くんだぜ。狙ってるよ~~」だって(笑)。

最後に公園のようなスペースに遊具があった。滑り台があって嬉しそうに走り寄るTsubaki。
遊具
あと魚の骨のかたちの遊具があった。
ほねほね1
(左)ほんとに滑り台好きなんだよな~。何度も滑ってました。(右)パパとほねほねに乗って楽しそう♪
滑り台ほねほね2
Ohkiもずっとベビーカーだったけど、ご機嫌だった。
Ohkiくん
最後にお土産ショップを見て、入口の坂道をパパと何往復も走った。Tsubakiは本当に走るのが大好きだ。
走る走る

夜は、お得意の焼き肉くろせにて焼き肉ディナー。
じいじとばあばの間で食べるのがデフォルトになったみたい。「これなあに?やさい?」
夕ご飯
今日はじいじとばあばの結婚記念日だったので、お店に頼んだところ、サービスでデザートを用意してくれた。Tsubakiもいっちょまえにいただけた♪
デザート

広島3・4日目 ~ 三原の温泉へ

おばばちゃんをホームに送った後、一行で1泊の温泉旅行に出発!三原の温泉宿、みはらし温泉夢の宿へ。じいじとばあばが企画してくれていたのだ。ちび太は泊まれないお宿なので、ペットホテルに泊まってもらった。

三原に到着。宿の近くに砂浜があるので、行ってみる。さすがに9月後半の平日なので、誰もいない。スコップを持ってばあばと歩くTsubaki
ばあばとTsubaki
かにさんがいたよ。
かにさん
みんなで散策。
みんな
Tsubakiは砂場をスコップで掘って遊んだり、かにさんがいっぱい群れているのを見学?したりした。

さて、宿にチェックイン。大浴場に温水プールが併設されているので、お風呂の前にプールで泳いだ。
パパと一緒に準備体操。アキレスけんものばそうね。Ohkiはじいじ・ばあばと見学~。
準備運動1準備運動2
みんなで泳いだり、競争したりした。
プール
その後、大浴場へ。じいじ・パパ・Tsubakiで男湯へ、ばあば・私・Ohkiで女湯へ。Ohkiくんを抱っこして湯船につかる。おもしろかったのが、ボタンを押すとジャグジーになって泡がぼあーっと出るところがあって、Ohkiを抱っこして入ってからボタンを押し、徐々に泡がぼこぼこーっと出てきた。Ohkiくん「何?何?」とでもいうように、キョロキョロと見回したあと、「こわいよ~」と言わんばかりに「えーーーん!」と泣いた(笑)。その反応がかわいくて…!
お風呂の後はバイキングの夕ご飯。カクテルを自分で作れるコーナーがあったので、みんなで作ってみた。
nobuが挑戦。
nobuカクテル1nobuカクテル2
Tsubakiも、ママのノンアルコールカクテルを飲んでいた。ま、ジュースみたいなもんだからね。
Tsubakiも飲んでる
Ohkiはじいじとばあばにお茶をもらった。
Ohkiはおちゃを
ご飯の後は、お布団しいて遊ぶ。パパとお馬さんごっこをしていた。
パパと遊ぶ
息子たちがたわむれてました。
子供たち
nobuと私は、リフレクソロジーもやってもらって、リラックスできた。

広島3日目 ~ 敬老の日のお祝い

今日は敬老の日のお祝いで、普段介護老人保健施設に入っているおばばちゃん(私の祖母)と食事に出かけた。
朝みんなが準備しているときに、最近手をついてお座りできるようになったOhkiくんがこんな感じで待っていてくれた。倒れた時のためにクッションに囲まれて。Tsubakiが「これ見てていいよ~」と自分のミニカーを並べていた。
朝のOhki
さて、お食事は潮家というお店で。安浦のちょっとへんぴな場所にあるんだが、着いたら駐車場は車でいっぱい!お魚がおいしいと評判のお店らしい。
今日もじいじとばあばの間にいくTsubaki
Tsubakiとじいじとばあば
食事はどれもボリューム満タンだった。お子様ランチも盛りだくさん。
最後にみんなで写真を撮ってもらった。奇跡的にみんなの視線がカメラへ!Ohkiも顔をそむけていない!子供が2人もいるとこんな写真は、ある意味奇跡的。
みんなでパチリ
お店のカメラでも撮ってくれて、左がお店からおばばちゃんへの写真とお花のプレゼント。右はnobuと私からプリザーブトフラワーのプレゼント。
おばばちゃん、長生きしてね!
プレセント

広島2日目 ~ 大和ミュージアム と Tsubaki号

大和ミュージアムに行ってきた。
朝から出かけたが連休だからか混んでいるらしく、もう駐車場がいっぱいだったので隣のゆめタウンに停める。(そういう客は多いと思われる)
(左)入口前の大きないかりの前で。(右)中に入って大和をバックに写真を撮ってもらう。
いかりの前で大和をバックに家族で
この大和ミュージアムの中央にドデンとあるのが、戦艦大和の1/10の模型なのだ。上からみるとこんな感じ。
戦艦大和
反対側から撮ってみる。Tsubakiに「ポーズして」と言ったら、やっぱり流行りの「鬼おばけ」になっていた。
鬼おばけだね
隣の部屋に移ってゼロ戦を眺める2人。
ゼロ戦
Tsubakiくん上から眺めるために登っていくスロープが楽しくてはしゃいでいた。
通路が楽しいのね
資料館は難しいのでパスして、パパとTsubakiで3Fへ。「船をつくる技術」では子供が楽しめる展示が色々あるのだ。
波と競争したよ。
波と競争
そのあと、外の広場で遊んで、ゆめタウンのフードコートでご飯を食べて、帰宅した。

車の中で少しお昼寝した後は、じいじのレジャーボート「Tsubaki号」に乗りに行った。「Tsubakiのお船なの~?どこどこ~?」と嬉しそう。
Tsubaki号の前で。
みんなで
海に運ばれるTsubaki号。Go on board!
Tsubaki号
みんなで乗りこんだところをじいじがパチリ。
乗りこみました
救命ベストをつけたよ。Tsubakiはひとつ大きいサイズに昇格!Ohkiも海の赤ちゃんに変身。1年前2年前はTsubakiがこんな感じだったね。
パパとTsubakiママとOhki
運転中のじいじをみに行ったよ。
じいじ運転中
途中浅瀬で岩礁にぶつかり「がん!」となった。Tsubakiが「なになに?」と言うので、岩にぶつかったことを話すとすごく不思議だったらしく(海の上なのに岩にぶつかるというのが不思議だったみたい)、「なんで、なんで、説明して~」と何度も聞きたがった。手と手をつかってぶつかったことを話したけど、不思議がっているので、家に帰って、海の底が深くなったり浅くなったりすることを絵に描いて説明したら、やっと理解出来た様子だった!
こういうこと(本人が興味のあること)は、面倒くさがらず、分かるまで何度でも説明したい。

最後は運転席の下のトイレや物入れのところにも入って行って探検していた。
探検

夜お風呂上がりにOhkiに麦茶を飲ませる。「つーくんがやる!」と言って飲ませていた。弟の面倒をみたいのだ。

広島到着

今日からyocchanの実家の広島に来た。9/19~9/27滞在の予定だ(nobuは仕事があるので途中で帰ったけど)

9:55のフライトなので、5:30起き7:00出発の予定が、起きたらすでに7:48
慌てて飛び起きて出発する。途中新宿の首都高の入り口が閉鎖されていて乗れないアクシデントがありながらも、何とか間に合った。危なかった~。飛行機の中にて。
飛行機の中で
広島に到着してまずはランチ。うどんや釜飯の美味しい天霧へ。久しぶりにじいじとばあはに会えてテンションが高いTsubaki。
ちょっと驚いたのが、自分から「じいじとばあばの間で食べる~」といって子供イスを持って移動していったこと。半年前だったら「パパとママがいい~」と甘えていたが、これも成長だ!
ランチ
マンションに着いてご機嫌で遊べるものを探したり、じいじとばあばがポイントを貯めてgetしてくれたクロネコヤマトの宅急便のミニカーを貰ってニコニコ。お友達が持っていて「つーくんは、たっきゅうびん持ってないねぇ~」と言っていたので嬉しいサプライズだった。
じいじがヘリコプターを飛ばしてくれて「わぁ、飛んだよ~!」と大喜び。一年前は、手を伸ばして一生懸命見ていたけど、反応が成長してるなぁ。
じいじの飛行機を物色中。
飛行機さわる
お夕食。Tsubakiは大人と同じイスで、嬉しそうだった。
夕食

iPhone楽しいね

iPhone楽しいね。色んなアプリを探索中。
画像も簡単に加工できるアプリがたくさんあって楽しい。

(左)カラフルおーくん (右)保育園で遊ぶTsubaki
画像1画像2
赤色だけ目立たせるアプリにて。ソフト加工。
画像4-2
ちなみに加工前はこんな画像。
画像4-1
そのソフトで、Tsubakiの愛車BMWを。赤いボタンが目立つかな?
画像3
Toyカメラ&ポラロイド風。
画像5
飛行機ぶーん、のOhki。
画像7
かわいいOhki。
画像8
最後に、お約束の鼻デカ写真。実物のちび太のほうがかわいいなぁ…。
画像6

スクラップブッキング ~ Summer & Celebrate

スクラップブッキングの出張レッスンだった。お友達のYuちゃんとまっちーと3人で。Yuちゃんとまっちーは9月のテーマ「Summer」を作成。私は「Summer」は保育園友達と作成済みだったので、「Celebrate」というテーマを。
たまには、子供たちの写真じゃなくて夫婦のものをということで、結婚式の写真をひっぱり出してきて作った。
10年以上前の写真!懐かしい!

「Summer」 沖縄旅行を中心に夏の思い出の写真で。
Summer
「Celebrate」 華やかで素敵な作品になったなと自己満足。
Celebrate

レッスンの後は、みんなでランチ。
かぼちゃのスープ、ハンバーグ(お惣菜)、蒸し鶏のサラダ、野菜の酢漬けなどの簡単メニューで。蒸し鶏は余熱で6時間ほどかけて火を通す作り方で初めて作ったのだけど、前日の夜に沸騰したお湯に胸肉を入れておくだけの簡単調理!しかもやわらかく出来ていて、なかなか良かった。
ランチ1ランチ2
デザートは、Yuちゃんお手製のごまプリン。「栗原はるみのレストランで出されているごまゼリーが美味しいのだけど、レシピが非公開なので、それを思い出しながら作ってみたの」とのこと。
さすがスイーツ作りが得意なだけある~!濃厚でつるりと食べれておいしかった!女性が好きそーなお味でした。
ごまプリン

ママとお出かけ & 立体駐車場

熱が3日続いているので、保育園をお休みして衛生病院を受診。しかし病院に着いた時には6度台に下がっていた。
「気候の変化で風邪をひいたのでしょう、たぶんこのまま良くなるでしょう」との診断だったので、急きょ車検に出していた車を取りに浜田山まで行くことに。

子供2人連れてだし、熱は下がったとはいえTsubakiが病みあがりなので、タクシーで移動しようかと思ったのだが、Tsubakiが「電車で行きたい」というので、荻窪から電車で行くことに。
大好きな総武線に乗り、吉祥寺からは、井の頭線。こうやって電車にのることも楽しいんだよな。
浜田山を降りてちょっと買い物していると12時近くなったので、先にジョナサンに入ってランチすることに。
ファミレスで子供2人とお母さん、という3人組を時折見かけるけど、「ああ、私もそのひとりだわ~」と思う
記念?にぱちり。
ジョナサンでね

さて、こちらは夜のこと。「ちゅうしゃじょう作ったよ」というから見てみたら、積み木で上手に作っていた。「だんだんにしたんだよ」と得意そう。結構すごい作品じゃない?ということで、パチリ。
Tsubakiは1歳のころもよく積み木を高く積んでいたけど、ぜったい私より器用だよなぁ。
ちなみに駐車している車たちは、最近めっきりハマってる「カーズ」のミニカーたち。
立体駐車場

おうちピクニック

今日は公園にお弁当を持って出かけようと思っていたが、Tsubakiがなんとなく熱っぽいので測ってみると8度のお熱が。
「お熱があるからお出かけやめようね」というと「いや~、お出かけしたいよ~」という。
チロを真似て「んじゃ、おうちピクニックにしよ」とリビングでレジャーシートをひろげてお弁当をだしたら「わーい、ピクニックだ~。お弁当だね!」と嬉しそうだった!
良かった、良かった。
おうちピクニック1
あれも食べたいな!
おうちピクニック2

フラワーアレンジメント ~ リニアスタイル

午後から久しぶり~のフラワーアレンジのレッスンだった。nobuにTsubakiとOhkiを預けて行って来た。テーマは「リニアスタイル」。

使った花材は、ユキヤナギ、アンスリウム、ガーベラ、ドラセナ、モカラ、タニワタリ。すっかり秋っぽい色合いだ。
今までで一番大きなアレンジ。線で広がりを出すスタイルで一応四方見。ホテルやレストラン等で飾るのに向いているスタイルだ。
枝物やグリーン(今回はユキヤナギ)でだいたいのスケールを取り、アシンメトリーに仕上げる。
今までで一番セオリーがアバウトというか細かくないスタイルで、最初難しいかなと思ったけど、以外に面白かった。

Ohkiはミルクを拒否して、ずっとグズってたみたい。ミルクトレを面倒くさくてやっていなかったツケか…

おもちゃ美術館に行ってきた

四ツ谷3丁目にある、東京おもちゃ美術館に行った。
当初六本木ヒルズのスカイアクアリウムに行きたいと思っていたのだが、実は今年はスカイアクアリウムはやっておらず替わりに恐竜展をやっている(以前行った時の記事はこちら)。今年もやっていると勘違いしていて、前日夜に「今年はやっていないよ~」とママ友に教えてもらって気がついたのだ。恐竜が怖いTsubaki、気づかずにヒルズに行っていたら「こわいよ~!」となるところだった。あぶない、あぶない。

Tsubakiに「今日はおもちゃ美術館にいくよ」というと、「びじゅつかんはいや~、楽しくないよ~」と言う。あら、美術館はしずかに鑑賞するところだって知ってたっけ??と思いながらも、「おもちゃのびじゅつかんだから、楽しいよ。行ってみて楽しかったら見ようね、楽しくなかったらすぐ帰ろうね?」と言ったら納得していた。

さて、この東京おもちゃ美術館は、元小学校の校舎を利用して作られた美術館で、木のぬくもりのあるおもちゃがあったり、世界各地のおもちゃで遊ぶことができる。めずらしいおもちゃ、昔のおもちゃの展示も結構ある。この展示、子供が手が届く場所に置いてあるけど、触らないでねとなっているので、微妙。触ってはいけない展示がちょっと多すぎる気がした。まぁターゲットが子供だけじゃないのでしょうがないか。

企画展示室を見ながら、まずは「おもちゃのもり」という、靴を脱いであがって木のおもちゃで遊べるお部屋へ。
階段で上に登れるセンタースペースが気にいって、中を走りまわっていた。
走るTsubaki
からころツリー。
からころツリー
木の砂場に入ってみる。子供は体重が軽いから下まで沈まないが、大人は沈んでしまう、そして結構足の裏が痛かった!
まずはOhkiくん。
Ohki
2人で入ってみる。そう、今日はお揃いのTシャツを着ていたのだ。
ふたりで木の砂場
そろばんの玉を通すのに夢中になってた。
そろばん
ひっつき虫で遊ぶパパとTsubaki。
nobuとTsubaki
3Fにのぼって「おもちゃのまち」をのぞく。
(左)きいろの部屋にて、Tsubaki、夢中になって遊んでいた。(右)Ohkiもでんでんを振り回していた。
Tsubakiでんでんで遊ぶ
廊下で遊ぶパパとTsubaki
nobuとTsubaki1nobuとTsubaki2
結果として、「おもちゃ美術館は楽しかった!」と満足していた!
ランチはJALシティホテルにて。最近「食べるときはちゃんとお口を閉じてもぐもぐしてね」というとなぜか口をとんがらせてもぐもぐするTsuakiくんでした。なんか可愛いよね。(親ばかです)
ごはんでね
汗をかいたのでTシャツを着替えて、今度はパパとお揃いになったTsubakiでした(本当は違うんだけど、デザインが似ているのでお揃いってことにしてる)。帰り道にて。
パパとお揃い

サマーランド

今日はサマーランドに行ってきた。Tsubaki初の大型プール施設だ
前夜ネットで調べたら、9月前半までの土日はすごく混むので9時の開園前に到着するのがよいとのことだったので、6時起き7時出発で8:30到着を目指した。
ルートも一番の最寄りインターの圏央道あきる野ICからではなく、一つ手前の八王子西ICからの迂回路でアクセス。これが正解で、8:40サマーランド入口に着いた時は順ルートは長蛇の列!混んでいるので開園時間が早まったみたいだ、続々と人の列がサマーランドに吸い込まれている。

8:50位に中に入ると、有料席売り場にも列が出来ていた。有料席、3000~8000円と決してお安くないのだけど、開園と同時に飛ぶように売れていくというのは本当だった
今回、Ohkiは居場所も必要なのでベビーカーできた(サマーランドはベビーカーOKなのだ)。子どもも小さいし、私たちも有料席をゲットすることにした。悩んだ結果、屋内プールメインで遊ぶだろうという事で、屋内のアドベンチャードーム内の席を取る事に。ベビーカーを置くスペースのあるステージ席という5000円の場所を残り1席で何とか確保
家族でぱちり
しかし屋内とは言え半透明のドームなのでうっすら日差しがあるし、人も多いので空調がきいておらず、ソフトサウナ状態で暑かった。真夏は屋外の屋根あり席のが風があって涼しいかも

着替えて早速屋内のメインプール、コバルトビーチへ。浮き輪でパパに手を引いてもらってぱちゃはちゃ泳ぐTsubaki。
さっそく泳ぐ
当初Ohkiは水につけるつもりがなかったのだが、あまりに暑いので、TsubakiのパンツをはかせてママもOhkiを抱っこして入った。水の中は快適~。Ohkiも足まで浸かったよ。
ママとOhki

その後ロックビーチに行ってパパと一緒に滑り台を滑るがじゃばしゃば流れ落ちる水しぶきにちょっと引き気味のTsubaki。
キッズ用のフルーツアイランドへ行くと、バナナのオブジェがお出迎え。とたんに楽しそうになるTsubaki。
バナナ、パイナップル、マンゴーのチビ滑り台に、スイカの滑り台、くねくねの滑り台と子供が楽しそうな滑り台が沢山!フルーツアイランドはこんな感じ。ちなみにこの写真は午後撮ったもので午前中はもう少し空いていた。
フルーツアイランド
(左)ジャンプ!ジャンプ―!と楽しそう。(右)噴水もあったよ
ジャンプ!ジャンプ!噴水
(左)最初は普通に滑っていたが、寝っ転がって滑ったり、後ろ向きに滑ったりて色々自分で考えて工夫して滑っていた。(右)くねくねの滑り台では体が回転してしまってこんな向きで滑り落ちていた。私は少しあせったのだけど、本人はそれがまたすごく楽しそうだった。
滑り台滑り台
このあと、外のエリア(アドベンチャーラグーン)にも行ってみる。私もこわくて滑れないようなスクリーマーやスピードスライドというスライドをみて、「つーくん、あの滑り台すべりたーい」と言っていた。130cm以上の身長制限ありなので、大きなお兄ちゃんになってからねというと、「なんでなんだ~?」と言っていた。スピード系にはほんと強いんだよなぁ。
キッズベイやキディスライドといったキッズエリアで遊ぶ。
滑り台
(左)やっぱり滑り台が楽しい♪パパに手をひいてもらってしゃー。(右)この笑顔!
滑り台2滑り台3
ママとOhkiは暑いのでドームに戻る。パパとTsubakiは流れるプールに行ってから戻ってきた。
寝ているOhkiくん。暑かったね~。
ネンネOhki
最後に湯遊大洞窟に行った。ここは洞窟風の温水プールでジャグジーもあってお風呂みたいだった。途中雷がなって(しかけ)、スコールが降った。男同盟でスコールの中。Ohkiも泣かなかったよ!
男同盟
たっぷり遊んで、すごく楽しかったね。

夏祭り

夜は近くの神社の夏祭りに行くことに。
甚平に着替えた2人。仲良くおててをつないで撮影。2歳児と0歳児、こういう写真をみると身長差を感じる。
ふたりでパチリ1
ふたりでこんな笑顔
ふたりでパチリ2
さて、神社でTsubakiはスーパーボールすくいをやった。上手にひとりですくっていた。光るアヒルが嬉しかったらしい。
スーパーボールすくい
同じマンションのOhkiのお友達と会った。ふたりとも前向き抱っこでご挨拶。
Ohkiお友達と会う
Tsubakiは最後に大きなわたがしを食べました。
わたがし食べた

お友達とプール

今日は同じマンションの、最近お友達になったTimoくんが遊びに来てくれた。Tsubakiとは2カ月違いのお友達だ。
おもちゃでしばし遊んだ後、プールで遊ぶ。魚好きのTimoくん、プールに浮かべるお魚のマイおもちゃを持参してきてくれた。
ふたりで水鉄砲したり、ジャンプしたりして遊んでいた。
TsubakiとTimoくん1
こーんなに水しぶきをあげていたよ。男の子はやっぱりダイナミックだね。
TsubakiとTimoくん2
プールの後は、ランチしてしばらく遊びました。

最近のTsubaki

「大きなおじいさん」
「大きなおじいさん、歌ってよ~」と言うTsubaki。「大きなのっぽの古時計」のことだ。何度か「大きな古時計だよ」というと「ふるどけい歌って~」と言うが、気がつくと「大きなおじいさん」になってしまうのだ。
声を裏返しながら一生懸命歌うので、外で歌っていると「上手だね」「かわいいね」と声をかけられることも。この前も小学生くらいのお姉ちゃんに「かっわいいー」と言われていた。

「おひざジャック」
「ママのおひざで食べたいよ~」と甘えるTsubaki。「だめだよ、もう少し自分の席で食べようね」と言っていたのに気がつくとおひざに座っていた。「あ、おひざジャックしたな」と言ったら、気にいったらしく、その後も「つーくん、おひざじゃっくする」といたずらっ子の顔で言いながら膝に座るようになった。

オバケが流行
ここ数カ月おばけが流行っている。「おばけだぞ~。食べちゃうぞ~」と言って、目を閉じてしばしばするのだ。
これがおばけ顔。全然怖くないんだけど(笑)、「おばけだ、こわ~い」と言ってあげると喜ぶのだ。
おばけ顔
最近、角をつけて「鬼おばけだぞ~」とやっている。
鬼おばけ

納豆が好き
小さいころからずっと納豆好き。けっこう納豆が好きな子多いよね。納豆巻きににっこにこ。
納豆巻き好き

Yちゃん宅訪問

今日はママ友Yuちゃん宅に遊びにいって、ランチをご馳走になった。まりんちゃん&Yunaちんも一緒だ。
ランチは、パエリア、タンドリーチキン、サラダなど。パエリアかなり本格的で美味しかった!

レインフォレストのジャンパルーを体験。Ohki夢中になって遊んでいた。

ソファで、見合うOhki(奥)とYukiくん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。