ちわわとカメリアとサクラサク毎日

久しぶりのママイキ

今日は荻窪北児童館で行われた、ひろっしゅコーチ(山崎洋実さん)の「ママのイキイキ応援プログラム ~ 視点が変われば子育てが変わる」に行ってきた。近隣PTA主宰の単発講座だ。(ひろっしゅコーチのBlogはこちら
久しぶりのママイキ!当日は久しぶりにひろっしゅコーチのトークが聞けるのが楽しみでかなりワクワクして出かけた


内容は、「聴く」を中心に。一度聴いている内容なんだけど、忘れていたり「ああ、そうだった」「うんうん、そうだよね」と再確認できたりと、2時間ずっと笑いっぱなし、でも時々涙ぐんでしまうほど深く入ってきた。

子育てはいつか終わりがくる。
おむつ替えもおしりをふくことも抱っこも一緒にお風呂に入ることも一緒に寝ることも、いつか終わりがくる。
オムツを替えるたびに、抱っこするたびに、「カチッカチッ」と終わりに向けて回数カウンターは減っているんだと。「そう思ったらぐずぐずも愛しくない?」「子育てのめんどくさいと思えるようなことも楽しまないと損だよね」とコーチ。

ほんとそうだね。TsubakiOhkiもいつか私のもとを離れていく。
そう思うと思わず涙ぐんでしまった。

講座終了後、ひろっしゅコーチにご挨拶に行くと、「覚えてるよ、久しぶり~!」と言ってくれて嬉しかったわ
宿題に出ていた「自分を奮い立たせるプレゼント」のブルガリの時計も、これ買ったんだよ~と報告することが出来た

また、講座後、ひろっしゅコーチとランチをご一緒できた!ラッキー
お友達何人かでひろっしゅコーチを囲んで児童館でお弁当を食べた。
その時の話で心に響いたのが、ママイキのようなコーチング講座をやっていると、「本にはこう書いてあるんですが、うちのこのXXはどうなんでしょうか?」といった相談をされることが多いんだそう。でも「私はXXさんの親じゃないから分からないよ」と答えるんだって。子育て本などでいろんな情報が出回っているが、本当に大切なのは、その内容(「こう書いてあるからうちの子はXXだ」)や正しさに振り回されるのではなく、その情報を自分のケースに変換して、実際の判断や目利きは親がしなくてはいけないとのこと。
そういう変換や目利きの能力を高めていきたいなと思った。

ひろっしゅコーチ、プレゼントのお花を忘れて帰っちゃうおちゃめっぷりも

その後、友達とルミネをぷらぷらして気がつくと16時近く。園友Yukkiの家でコーヒー飲んでちょっと休んでそのままお迎えに行くことに。一日出歩いて疲れたので、一緒にガストでお夕飯! ガスト、Tsubakiの大好きなカレーセットがおいしいし、ガチャガチャもキッズメニューについてくるし、子供たち楽しくて大好きなんだよね。

ああ、充実した一日だった!
スポンサーサイト

ひとりでタッチ

つかまり立ちも伝い歩きもかなり安定して上手になってきたOhkiくん。
一週間前位からつかまらないでひとりでタッチするようになった。
まだ数秒なので、なかなか写真に撮れなかったのだけど、今日やっと撮影できました

なんか、ぬぼ~っと立ってるね(笑)。
つかまり立ちから気がつくと数秒手を離してひとりで立つのを楽しんでいる。ひとりで立てると、えへ~っと「ぼくすごいでしょ」というようなちょっと得意そうな顔をしている。かわゆい。

パスポート申請

今日は4月復職前のグアム旅行に向けてOhkiのパスポート申請にきた。
パスポートセンターと同じ階にある写真屋さんで写真を撮ってもらうOhki。小さな子はピントの関係で白黒写真のみ。だからTsubakiのパスポート写真も白黒だったのね。(同じところで撮ったから) 忘れてた
写真撮ってもらうおーくん。最近落ち武者ちっく(横髪がふわっと広がり)なんだが、帽子でいい感じに押さえられた。チョコンと座って可愛かったぞ。

ニクーリンサーカスに行ってきた

今日は東京ドームシティで行われているニクーリンサーカスに行ってきた。お友達が病気で急きょいけなくなったため、お安くチケットを譲ってもらったのだ。座席はアリーナ正面前から5列目の特等席だ!(Satoちゃんありがと~)
circus
子供たちが産まれてから初めてのサーカス。14:30の開演に向けて、わくわくしながら13時過ぎに出かけた。いつもならお昼寝の真っ最中の時間。サーカス前になんとか少しでも寝かせておこうと、Tsubakiをベビーカーに乗せて出かけた。「お布団(と呼んでいるベビーカーの掛物)してお昼寝しておこうね~」といったのだけど、やっぱりなかなか寝付けず、総武線の途中でやっと眠りにつき、結局30分くらい寝て起こされることになったのだった。

開演前にキャラメルポップコーンyパンダやプーさんの肉まんを買い込んだ。
家族でぱちり
いざはじまりはじまり~。
タンブリングアクトというアクロバットなワザからスタート。Tsubakiは「わぁ、すごいねぇ」と感心してたが、Ohkiは大迫力の音が怖くてしがみついて、「ふえーん」とちょっと泣きも入っていた。時期に慣れてきて、迫力の舞台に釘づけになっていたよ!
動物も熊、犬、馬と出てきて、なかなか楽しいショーだった。
(左)隠し撮りした熊のショー。(右)のぞきこむように見ているTsubaki
熊のショーnobu & Tsubaki
Tsubakiくん、空中ブランコをみて、「つーくんもあそこに登りたいよ~」と言っていた。

最後の方は眠くて2人ともぐずぐず気味になっていたが(さすがに2歳児0歳児に2時間半は長い)、なんとか最後まで見ることができました!
終わった後ショーをした熊さんと記念撮影。ショーには大きい熊さんと小さい熊さんがでていたが、撮影は小さい熊さんのほうと。Ohki直前まで抱っこで寝てしまってて、撮影の時に目を開けたのだけど、半寝ボケ顔だね(笑)
熊さんと記念撮影

帰る前にお外にあった飾りの前でパチリ。楽しかったね~。
yocchanと子供たち

インターコンチでエステ&ランチ

Hiro & Kids今日はインターコンチネンタル東京ベイでエステ&フレンチランチだった。
なんとTsubakiがサブナードの特賞を福引で当ててくれたのだ!お友達と2人分だったので、保育園のママ友Keiちゃんを誘って行ってきた。車で家族みんなでインターコンチへ。
私たちがエステの間、パパズと子供たちは近くの日の出桟橋のあたりにお散歩に出かけた。パパ達ありがと~ お散歩しながら、お船をみたり、スズメをみたり、お買いものしたりしたらしい。お買いもの中になんと保育園のSせんせいにばったり会ったらしい。Tsubakiはお土産に椿のジャムを買ってきた。写真はHiroパパとお手てをつないで階段をあがるKanonちゃんとTsubaki。

さて、ママズは11:00からサロン gracemattaにて60分のトリートメント。好みのアロマオイルをブレンドし、スウェーディッシュというしっかりと筋肉をもみほぐしていくトリートメントマッサージだった。最初のカウンセリングでのカルテ記入で「お疲れの箇所は?」という問に「肩、首、腰」と書いた私・・・(笑)。そうなのよね、育児で背中全体が凝り凝りなのよね
トリートメントは、確かにリラクゼーションのアロママッサージに比べると刺激強めかなりもみほぐされてる感がありながらもいわゆるマッサージと比べてリラックスできて、かなり満足。60分で12,000円のトリートメントでした あー、至福の時だった
La Provence着替えてお茶をいただいた後は、La Provences(写真左)にて南フランス料理のランチ♪家族で利用したいと伝えて、個室をリザーブしておいてもらった。レストランはヨーロピアンクラシックなかなり重厚で優雅な感じ。
私たちは一番贅沢なフルコースランチ(約7000円)にスパークリングワインが付いていた。贅沢~。パパたちはワンランク下のコースをチョイス(笑)。子供たちはジュースとオムライス、ミートソーススパゲッティを頼んだ。
子供たちは「お腹が空いたよ~」と落ち着かない。個室にして良かった~

お料理はこんな感じ。おいしゅうございました
ま鯛のあぶりマリネ、フォアグラとパルミジャーノチーズのリゾット、白子とお魚(忘れた)のブイヤベース仕立て、うずらの炙り焼き、デザートワゴン などなど。
ランチ
こちらがデザートワゴン。好きなだけ選べました。「えー、じゃあ、これとこれとこれ以外全部!」と頼んでしまいました(笑)。お腹一杯でかなり苦しくなったが、やっぱりこーゆーの、テンションあがる!
デザートワゴン
食べ終わってKeiちゃんのイスに登って遊ぶTsubakiとKanonちゃん。
遊ぶ子供たち
テーブルの下に隠れて、「みーっけ!」してもらうのを楽しんでいたTsubaki。Tsubakiが顔を出すとKanonちゃんが大うけしてくれるので、嬉しくて何度もしつこくやってたよ。
Tsubaki
家族でぱちり。
家族でパチリ
みんなでもパチリ。
みんなで
やっぱり子連れには個室が便利でありがたいな~。そして、総額4万円の特賞を当ててくれた我が息子に感謝

スクラップブッキング ~ St. Valentain

今日はスクラップブッキングでした。テーマは「ヴァレンタイン」。今回は先生のお子さんがインフルエンザになってしまい、急きょキットを購入しての自主制作会になった。
でもみんなでわいわい作って楽しかったよ。私は我が家のMens達の写真で作成。こんな感じになりました~。

作った後は持ち寄りランチ。全員授乳ママなので、お腹が空いてがつがつ食べたよ。それぞれの得意料理とPekoちゃんの米から作ったパンが絶品でした。
ランチ1ランチ2

Tsubakiの胎内記憶

今日の誕生学で胎内記憶の話が出たので、久しぶりにTsubakiに「ママのお腹の中に居た時のこと覚えてる?」と聞いてみた。
そうしたら、「うん、覚えてるよ」、と。今までも「覚えてる?」と聞くと「覚えてるよ」と言うものの、具体的なことを聞くと「えへへ・・・」と言う感じではっきりとは言わなかったのだけど。

「ママのお腹の中は明るかった?暗かった?」「寒かった?暖かかった?」と聞いたところ、

「ママのお腹の中は、暗かった。暖かかったよ」、とつーくん。

お、なんだか、本当に胎内記憶らしきことを言い出したぞ

「ママのお腹の中ではどうしてたの?」と聞いたら、

「つーくんね、あのね、早く出たかったの。早く出たいよーって思って、そして出てきたの」だって。

おおーーー

「出てくる時どうだった?」

「あのね、苦しかったよ」

おおおーーーーー
かなり信憑性が感じられる。

「お腹の中では何してたの?」

「あのね、こうやって走ってたの」(確かに胎動が激しかったなあ)「車でぶーんって遊んでたよ」(この辺は今の記憶と交ざっているかな?)

そのうち、今度はママのお腹に来る前の話も聞いてみよう

写真は、スプーンを「お兄ちゃん持ち」出来るようになったのを見せてくれているTsubaki

こちらは、先日パパに髪の毛をセットしてもらったTsubaki

誕生学 ~ 命の輝きをどう伝えるか

今日はバースコーディネーターの永野清歌さんの講座「命の輝きをお子さんにどう伝えますか?」を受けに成田児童館に行ってきた。いわゆる一般的に言われる誕生学の講座だ(と思う)。
永野さんはファン助産院でもお仕事されていたことがあるそうで、お母さん向けの講座だけでなく、幼稚園/保育園の年長さんくらいから、中高生くらいの子供向けにも講座を実施されているとのこと。とてもお話が上手で1時間半があっという間に過ぎてしまった。
iphone_20110216164445.jpg

印象に残ったことをいくつか。
  • 「(赤ちゃん/自分は)どこから生まれてきたの?」という質問はほとんど必ず受けると思っていよう。(しかも買い物先のスーパーなど予期せぬ時に受ける可能性あり) その時、どんな質問が来てもさらっと答えること。子供は答えの内容より親の態度をみているので、動揺した態度をみせると「これは聞いちゃいけない質問なんだ」と子供が思ってしまう可能性あり。
  • 子宮は「子」供の「宮」と書く。宮とは神様が降りてくる神聖なところ。赤ちゃんはその子宮で280日を過ごして生まれてくるんだよ。また子供が産まれるところは、是非「命の道」と教えよう。
  • 肌は露出した脳とも言われ、スキンシップ(触れること)で十分愛情を伝えることが大切。触れることで成長ホルモンが促される。また乳幼児期には「異性」からのスキンシップが大切。(男の子はお母さん、女の子はお父さん) 思春期における異性のタッチがあ上あるものかどうか本能的に見分ける能力を育てるそう。また小さいころからスキンシップを当たり前にしておかないと、思春期になったときからではスキンシップができなくなる。
  • 「いいね」「ごめんね」「ありがとう」を今から当たり前に言える親になろう。(子供にだけ「ありがとう」や謝ることをさせて自分は出来ない親ではだめ) 
  • 育児はそのストレスだけをとってみると、夫の死やリストラの8割くらいのストレスがかかること。子供のかわいい笑顔やしぐさがあるからこそ頑張れる。でも疲れたときは、是非一時保育などを利用してリフレッシュの時間を持とう。
  • 胎内記憶の池川先生の調査によると、最近では、お腹の中に降りてくる前の記憶、お空の上でお母さんを選んできたときの記憶を語る子供がいるとのこと。子供がママ(とパパ)を選んできた。障害を持つことも健常な身で産まれてくることも、流産してしまうことも、すべて子供が自分で決めて生まれてくるんだそうです。(流産は「身ごもられる」体験だけしたかった子だって) 身ごもった子は育てられるからやってきた子である。
お産の映像も見せてもらって、ジーンと涙ぐんでしまった。とてもよい1時間半でした。永野先生、ありがとうございます
Ohkiはおもちゃで遊んでいい子にしてました。なんと、つかまり立ちではなく、自分で立ち上がり2秒くらい立っていた!!おーくん伝い歩きより先にひとり立ちしちゃった。

講座の後は、ママ友YukkiとPekoちゃんと浜田山の神戸屋にてランチ♪
おうちに帰ってからもご機嫌のOhkiくんでした。

3歳になりたい

最近、保育園のクラスメイトのほとんどが3歳なのと、もうすぐ誕生日(3/4)が近づいていて「もうすぐ3歳だね」と話すからか、「つーくんねぇ、早く3歳になりたいの~」という。
もうすぐなれるよ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。