ちわわとカメリアとサクラサク毎日

ちび太、退院する

ちび太が4/29に退院しました!
(実は前にも一度退院したのですが、すぐにまた具合が悪くなり入院したので、すぐに投稿出来ませんでした)

頑張れと応援して下さった皆さま、本当にありがとうございました!



ちび太の病気は、壊死性髄膜脳炎(通称パグ脳炎) でした。
治ることのない、名前の通り、どんどん脳が壊死していってしまう病気です。余命は多くが半年位と重い病気ですが、最近は、免疫抑制剤が上手く合えば2年3年と頑張っている仔もいるそうです。
ステロイドと免疫抑制剤を飲んで、脳炎を抑えながらの介護生活がスタートしました。

今回の発作で、ちび太は、色んな事が出来なくなりました。

前のように走ったりジャンプしたりは出来なくなりました。でもゆっくりよろけながらも、歩けるまでに回復はしました。
舌に麻痺が残っているので、あまり上手にご飯が食べられません。
でも、流動食のようなご飯を、それでも時間をかけて、頑張って食べます。
徘徊するようになりました。気がつくと、反時計回りに、よろよろしながらポチポチと回っています。歩き続けて、疲れたら寝ます。しんどいだろうなあ、と抱っこしてあげると安心してスヤスヤ寝てくれます。寝ているちび太は、今までのなんら変わりないです。
トイレが余り分からなくなったようです。先生には、トイレが思い出せたらそれはすごい事だと思うと言われました。
今はGWで主人が家にいてくれるので安心ですが、今後のロングお留守番は、実はとっても心配ではあります。

でも、顔を近づけると、一生懸命舐めてくれるし、抱っこすると安心して寝てくれると言うことは、私たちの事を分かってくれている証拠。何より、ご飯を美味しく食べられます。
目もほとんど見えなくなっていたのが、目でものを追えるようになったので、少し見えるように回復しました。
ガリガリに痩せてしまったけど(1.2kg)、元々筋金入りの食いしん坊!ご飯を美味しいと食べられるし、足腰に負担のないよう様子を見ながらの体重管理です。

何より、3時間以上の痙攣発作に耐えて、虹の橋を渡らずに私たちのところに帰って来てくれたことに感謝だし、よく頑張ったとちび太を誇りに思います。

これからも前向きに家族みんなで頑張ります!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。