ちわわとカメリアとサクラサク毎日

神に祈る

ちび太、細かい痙攣が止まらず、日曜夜から麻酔で寝かせています。
お医者からは数日寝かせて脳を休ませて、麻酔を外していって、起きた時に痙攣が残っていると、、、厳しいと言われています。



ちび太は10歳になってほどない4/7に3時間以上にも及ぶ重積痙攣をおこし、救急センターに運ばれ、壊死性髄膜脳炎と診断されました。脳がどんどん壊死していってしまう病気です。
1ヶ月入院し、帰ってきたちび太は色んな事が出来なくなりました。
グルグルと旋回を繰り返し、疲れても止まりません。おかげで足の肉球は傷つき、一時期帰宅すると血だらけの日々でした。
トイレが分からなくなったのと、ウンチをよけて徘徊できないので、帰ってきたらウンチを踏んづけてしまって悲惨な状況の日もしばしば。
今までは、出かけるときは、ワンワン!と置いていくなと怒っていたちび太も、まったく泣かなく(なけなく?)なりました。
ステロイドもかなりの量を毎日飲み、免疫抑制剤も飲むので、免疫力が低下し皮膚炎を起こして以来、抗生剤も毎日。痙攣どめに吐き気どめ、と毎日飲む薬もたくさん。
口に麻痺が残り、舌はいつも出たまま。目も良く見えなくなりました。
旋回のとき、ぶつかってはいけないとソフトケージをかいましたが、色々試行錯誤した結果、子供用プールがちび太の居場所になりました。

それでも。
毎日ご飯をおいしく食べてくれて、抱っこしてると安心して寝ることが出来て、プールの中で旋回しながら、たまに、クーンと甘えた声を出して、抱っこを待っていました。

ステロイドもずっとかなりの量を飲み続けていて、もう、体に相当な負担がかかっているので、そろそろ減らさないと体がまいってしまうと、お医者さまに言われていた矢先の、再びの重積痙攣でした。

再び、神様に祈る毎日を過ごしています。



スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/1076-30e80186
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。