ちわわとカメリアとサクラサク毎日

復帰して3日

ヘルメットをかぶったTsubaki4/15に復帰して水木金と、激動(大げさ(笑))の3日間でした。
今週月曜日からフルタイムのタイムスケジュールで慣らし保育をしていたTsubakiくん。週後半目に見えてどんどんと調子を崩しました。体調面では微熱が続きずっとお腹が下っている状態に。帰ってきてからもお腹がすくのと長時間保育が堪えたのでずっと抱っこでぐずっていて、大好きなお風呂でも遊ばずぐずぐず。夜もぱったりと死んだように寝入ったかと思うと1時間夜泣きし続けおっぱいを飲み疲れて寝る・・・といった感じで、夜寝られず私もフラフラ。久しぶりの満員電車とPCバックの重みとパンプスでの1時間通勤はしんどいし、金曜日は私も流石に朝起きられず、nobuがお休みだったのでそれに救われてTsubakiの面倒をすべて任せてなんとか会社に行った、という感じ。金曜日には会社のWM(ワーキングマザー)の先輩に「yocchanよく頑張ったね」と声をかけてもらい、思わずほろっときました。
Tsubakiくん夕方お友達のお迎えを見ると悲しくなって泣いているようで、園ママ友にも「つーくんお迎えでつられて泣いちゃった」とか「先生におぶわれてベソベソないてたよ」とメールが来て、私がお迎えに行くころには泣いてお鼻がかびかび(拭いてやってくれ~)。ある日延長保育の時間にお迎えに行くと、目にいっぱい涙を溜めて捕食のうどんを食べてました。帰り道すがら私も泣きました
そして何より心が痛かったのが、Tsubakiが次第に笑わなくなったこと。お歌の絵本でいつもニコニコしながらお歌に合わせて踊っていたTusbakiくんがぐずぐず泣いているだけでお歌をかけても笑わない。
やはり1歳ちょっとって小さいのですね。18時過ぎると心身ともにTsubakiの負担になるんだと強く実感、しばらく時短勤務にすることを決断しました。同じくらいの月齢で復職した友人にも時短や職種がえを決断した子達が何人かいました。
今一番大切なのはやっぱり我が子。そして、早く自分たちのWLB(ワークライフバランス)を見つけることだと思いました。先輩WMの話を聞くと、やっと落ち着いてペースができるのにだいたい半年かかるそう。やりがいをもって仕事と向き合うのは半年先かな。

Tsubakiも頑張ってます。
私たち親もも頑張るぞ。(ちなみにちび太もロングお留守番を頑張ってマス!)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/428-e13a3f3d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。