ちわわとカメリアとサクラサク毎日

38w5d 10ヶ月検診-(3) 先生とのバトル

今日は3回目の10ヶ月検診でした。リルは順調、子宮口もやわらかく0.5cmくらい開いている状態とのこと。最近生理痛のような鈍痛も増えてきました。リルくんの推定体重はナント3202gでした。 (しかし1週間で500g成長する(先週は2701g)とも思えず、誤差も含まれているような気もしないことも。。)
いずれにせよこれ以上お母さんは体重を増やさないようにと言われました。キャー。

ところで。計画分娩についてです。
やはり予定日前の計画分娩に抵抗があるため、明後日の入院予約のキャンセルをお願いしました。(先週の検診でキャンセルをお願いしたところ、先生に反対されもう一週間よく考えてくることになっていました)
そうしたら、、かなりキツイ口調で反対され、以下のようなことを言われました。

・キャンセルの理由を聞かれたので、「赤ちゃんが産まれたいと思って私の体も出産が整ったときに自然にお産になると思うので、赤ちゃんのペースを大切にしたいと思います」と言ったところ、まず「そんな理由では了承できない」と言われました(ではどんな理由なら承服してもらえるのか。。?)。そして「自然のお産にまかせるというのは昔の考え方で、だから昔は死産などの事故も多かったんですよ」と言われました。確かに数値上はそうかもしれませんが、それは昔の医療水準が今より低かったからでは?とか、そのために、衛生病院では、何か危険な兆候が出たときも24時間夜間も緊急対応をしているのでは。。?と思いました。

・また、「それに、前回も話したように、お腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまう等のリスクを承知した上でのことですよね」と言われました。前回、予定日以降は胎盤機能が低下し自然のお産を待っているうちに危険な状態に陥ってしまう可能性があることや、お母さんも赤ちゃんも元気だったのに原因不明で38週に赤ちゃんが亡くなった事例があるとのお話を聞いたので、これらの事をおりまぜておっしゃっているのだと思いましたが、お医者様にこういう言い方をされたら、誰だって不安になるし、脅しに近い言葉ですよね。。。

・なおも「衛生病院では(無痛希望者には)基本的には計画分娩にしてもらっている」とおっしゃり、「特にあなたの場合は36歳だから。。これが30歳前半だったら私もここまで言いませんけど。。」等と、予定日前の計画分娩を強要(?)する雰囲気が漂います。
(しかし!衛生病院のプレママ友達にメールで聞いてみると、無痛希望でも計画分娩の話は出ていないとのこと!どうやら衛生病院の方針というよりS先生の方針のようです)

・それでも自然のペースに任せたいと伝えると、「病院の方針上予定日を過ぎてもいつまでも自然のお産を待つというわけには行きません。なので計画の予定はいずれにしろ入れておかなければいけないけど、いつがいいんですか?」と言われました。前回『41週以降は待たない&初産婦の計画は火~木分娩』と聞いていたので「予定日の3/6(木)か、3/11(火)でお願いします。」と言うと、「3/11だと41週前後だから遅すぎる」と言われる始末。。。
さすがにnobuも切れて、「前回先生は、『41週以降は病院の方針で自然分娩は待たず陣痛促進をする。計画分娩について二人で一週間考えなさい』と言って、ぼくらに選択肢を与えましたよね?だからぼくらは二人でよく考えて、予定日までは自然のお産を待ちたいと思い、40週の3/6か3/11と考えてきたんですけど、3/11は40週ですよね?40週と41週前後の違いがよく分からないんですが、では先生はいつまでなら待てると言うんですか?」と聞いたのですが、結局明確な回答はなく。。。結局予約の空き状況で3/4か3/12の分娩しか空いていないとのことだったので、3/12となりました。

かなり長くなってしまいましたが。
私は、ただでさえ出産を目前に控えて不安な状態なこともあり「私たちの大切なお産なのにどうしてこんな風に言われなければいけないのだろう」と不覚にも涙し、nobuは、先生の強引で高圧的な態度のわりに筋の通らない話に切れてました。「病院の都合もあるかもしれませんけどね」等と少し強めの口調ながらも論理的に反論したためか、その後は少し態度が改善されました(笑)。
(後々考えると、正直先生のお話はほんとロジックが通っていなかったというか基準が不明確でしたね。。)

看護士さんも後で「みんながみんな計画分娩というわけではないんですけどね。。無痛や計画がこの病院のウリだから。。」とか「でも前いた病院は自然の方針で、緊急の帝王切開の率がここより高くて、なんでだろう。。って思ってたので、計画もそういう意味では悪くないのよ。。」等とフォローしにきてました(笑)。

こんな険悪な雰囲気の中、めげずに、さらに詳しく希望を書いたバースプランも助産師に相談してきたし、流されるのではなく、自分達のお産としてよくよく考えて結論を出せたので、良かったと思います。

母に電話で報告したら、「大丈夫、赤ちゃんはここまで元気で育ってきたのだから、絶対大丈夫よ。あなたは守られているから、絶対に大丈夫よ。安心してお産を待とうね」と励ましてくれました。また涙。親の愛情はやはり海より深いです。

リル、ママもあなたを一生懸命守るから、安心して産まれてきてね。
リルが産まれたいと思ったときに、産まれておいでね。
ママとパパと頑張ろうね。
スポンサーサイト

Comment

いよいよだね~。男なのかな?
お産は自分にとっては一大事、だけど先生にとっては毎日来る妊婦の一人なのかも。でもだからこそ自分流を大事にしていいと思うよ。お母さんが言ってたとおり、大丈夫だよ。v-218

まぁ出産前の「悔しい」や「悲しい」生んでしまえばすぐに忘れるから。頑張れ!オーストラリアから応援しています。
2008.03.01 17:22 | URL | 府川 #- [edit]
久しぶり~、元気にしてる?
府川ちゃん!!
ご無沙汰してるけど、元気でやってる?オーストラリアの生活ももう慣れた?お子さんも元気?幼稚園の養育費がオーストラリアは高くて大変という話をKちゃんつてに聞いていたけど。

そう、男の子だよ!産まれたらメールだそうと思ってたんだ。(よくこのBlog分かったね~)
いよいよお産が近づいてきて不安になったり、まあなんとかなるだろ~と楽観的に思えたり、毎日そんな気持ちが交互に来て、臨月妊婦らしくどきどき不安定な(笑)毎日だけど、頑張るよ!
エール、ありがとね。
2008.03.01 19:27 | URL | yocchan #VRNId50o [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/48-45005a25
-
管理人の承認後に表示されます
2008.03.06 06:29 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。