ちわわとカメリアとサクラサク毎日

自己尊重・コミュニケーショント レーニング ~第1回 コラージュで自己表現

今日はサポートハウスじょむ・ケアラーズフォーラムぺけ共催の「母になった女性のための自己尊重・コミュニケーショントレーニング」を受けに代々木に行ってきた。
第1回目の本日のテーマは「コラージュで自己表現」。
講師(ファシリテーター)は高山 直子さん。アメリカで女性学修士、カウンセリング修士を取得し、現在、サポートハウスじょむにて、女性問題を専門に扱うカウンセラーとして活躍中の方だ。

NPOサポートハウスじょむは元々セクハラ裁判の原告団体が、原告が安心してくつろげる場所を作ろうというところからスタートしたそう。女性向けのデイケアやカウセリング、そしてコミュニケーション講座などを提供しているところだ。
今回の「母のための自己尊重…講座」は全8回の講座で月に1度のペースで行われる。講座の触れ込みとしては、「忙しい子育て中こそ母の自信や自己尊重感が大切。自分と向き合い自分らしくいられる方法を見つけます」とのこと。
比較的自分を大切にしている私(笑)だけど、そんな時間を月に一度持ってもいいのかなと思い受講してみることに。コミュニケーション講座なので、アサーティブコミュニケーションやストレスへの対応、怒りを理解して対応、いじめ・ハラスメントの理解と対処等の回があり、興味があるところ。

瞑想中さて、サポートハウスじょむに着いてまずは授乳。アロマスプレーがしてありヒーリングミュージックが流れていた。
講座が始まって、アロマキャンドルもたかれ、まずはリラクゼーションタイム。心を落ち着けクールダウンし、自分と向き合うためだ。しばし電気を消して瞑想タイム。
その後いよいよコラージュタイム。こういうのをアートセラピーというんだとか。
雑誌から自分の好きなもの、反対に嫌いなもの等、目に付いたものを切り取る作業、その後画用紙に好きなように貼る作業をした。途中Ohki目を覚ましぐずったので、パイしながら作業した。
最後に参加者全員の作品を壁に貼り発表タイム。自分の作品を説明して、参加者から質問や感想といったフィードバックを貰った。


当然だけど切り抜くもののテイストは人によって違うし、びっちり画用紙からはみ出さないように敷き詰める人もいれば、はみ出す人もいるし、色々だった。
(左)私のコラージュ作品 (右)おーくんも発表会に抱っこで参加
わたしのコラージュ おーくんも参加
私は嫌いな物は切り抜かず、自分の心地よく感じる写真で構成した。どんなものを貼ったかと言うと…、リラックスできそうなスパ(温泉)の部屋、アロマが心地よかったのでキャンドルの写真、スイーツやパン、私の好きなマカロン!おいしそうなフレッシュジュース、そして憧れる子供の喜びそうなデコ弁、バッグ等。本当はもっとお花やアクセサリー等を貼りたかったが、幾つか切り抜いたんだけど、イマイチの写真なので貼らず。
ハサミできっているもの、手でラフにちぎっているものが混ざっているところがよい、ジュースが美味しそう等との感想あり。
発表途中でおーくんが派手にゲポーと吐いてしまったため私の発表は途中で終了した。
コラージュの効果としては、今自分が何に興味を持っているのか再確認したり、自分と向き合える効果があるとのこと。やってみた感想としては、私はそれなりに自分(の時間)を大切にしていて、自分の切り抜いた物(=興味あるもの)に意外性はなかった。 でも、ま、楽しめたかな~。

次回からが楽しみである。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/690-bb7642a7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。