ちわわとカメリアとサクラサク毎日

Ohkiのお食い初め

今から何があるの?7/9で無事生後100日を迎えたOhkiくん。今日お食い初めの儀式を行った。
写真のOhki、今から何があるの?ときょとんとしているね。

お食い初めのお膳は、Tsubakiの時と同じ名入りの漆膳(元気膳)を、やはり同じく大学時代の友人たちがプレゼントしてくれた
Tsubakiの時も書いたんだけど、もう一度。お食い初め(おくいぞめ)は、子供が一生食べ物に困らないようにと願い、赤ちゃんに食べ物を食べさせる(マネをする)儀式で、初めて魚を食べさせるということで「真魚(まな)始め」、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸祝い」、祝う時期が生後百日前後なので「百日(ももか)の祝い」や「歯がため」等とも言われる。 (ちなみにTsubakiの時のお食い初めの記事はこちら


Ohkiのお食い初めのお料理。尾頭付きの鯛の焼き物は同じく新宿伊勢丹の浜藤さんに頼んだ。
お食い初めのお料理 鯛の焼き物
(左)Tsubakiも同じく元気膳で食べた。ご馳走が楽しみで早く食べたくてうずうずしていた。
(右)パパとふたりで「ピース」。おーくんが無事に100日を迎えたからだって。
TsubakiとOhki パパと一緒にピース
(左)nobuが食べさせ(る真似をし)てくれた。 (右)食べ終わって、子供たちがひざの上に。
食べさせます 子供たち
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/708-37cdb5b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。