ちわわとカメリアとサクラサク毎日

サマースクール

今日は、サニーインターナショナルのサマースクールに参加した。
育休テーマのひとつ「Tsubakiに色んな体験をさせる」の一環で、Tsubakiくん初の英語体験だ

サニーインターナショナルは東高円寺にあるこじんまりとしたスクールで、ホームページに「子供に英語を勉強として押しつけるのではなく、歌や手遊び、リトミックなどを含め、子供たちが喜び、みんなで楽しめるような内容」とあり、私も、Tsubakiに外国人の方と交流したり遊んだりといったグローバル体験をしてほしいというのが目的で、英語を勉強させたいわけではないので、ちょうどいいかなと思ったわけだ。
サマースクールは、7/30、8/6、8/20の3日間、10時~13時でお弁当タイムもある
懸念点は、親は参加せず子供のみの参加な事。泣いちゃうだろうなと思ったが、話をしてみて校長が感じのいい人だったし、なんとかなる気もするし、それもまた経験かと参加してみる事に。

家を出る前に「今日のお弁当だよ~」と見せると「わ~あ、今食べたい~」と嬉しそうだった。

行きは生憎のだったのでタクシーで向かう。
「スクール行くの?」「(タクシー内にあるチラシを持って)これスクールの先生にみせてあげるの~」なんて調子良かったが、スクールに着いて、ママが帰るときになるとギャン泣き (やっぱりか)。なんとか預けて帰る。

さて13時に迎えに行くと…、ママの顔をみるなり、また涙。大泣きは最初の30分位だったらしいが、ずっとママのとこ帰るとベソベソ泣いていたらしい (ままいくの預け合いと一緒だ…)。遊びやお歌も全然参加出来ず、お弁当も帰ってママと食べると言って食べなかったそう

「よく頑張ったね」と沢山誉めて、で帰る。帰る途中で寝てしまうTsubaki。Ohkiをおんぶしていって正解、置き場から抱えてそのままベッドへ。
お弁当箱を見てみると、ほとんど食べていなかった。可哀想に…。

あっかんべーのOhkiお昼寝から起きて、ママのお膝に座って残したお弁当を食べた。
英語の保育園、楽しくなかった」「こわかった」等と言っていた。

もう少しして慣れてきたら楽しめるようになるのかな…。なんだか可哀想になってしまった。

校長先生からは、慣れるまでしばらくイヤがるかもしれませんが、みんな慣れますから。次回が一番大変だと思うのでお母さん頑張って下さい」と言われた。

それでも「じゅんこ先生、バーバラ先生」としっかり名前も覚えてきていた。
次回はじゃなければプールもあるし、ちょっとだけでも楽しめるといいな。

写真は、記事とは全然関係ないけど、最近よく「あっかんべー」のように舌を出すOhki。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/726-517ce183
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。