ちわわとカメリアとサクラサク毎日

広島2日目 ~ 大和ミュージアム と Tsubaki号

大和ミュージアムに行ってきた。
朝から出かけたが連休だからか混んでいるらしく、もう駐車場がいっぱいだったので隣のゆめタウンに停める。(そういう客は多いと思われる)
(左)入口前の大きないかりの前で。(右)中に入って大和をバックに写真を撮ってもらう。
いかりの前で大和をバックに家族で
この大和ミュージアムの中央にドデンとあるのが、戦艦大和の1/10の模型なのだ。上からみるとこんな感じ。
戦艦大和
反対側から撮ってみる。Tsubakiに「ポーズして」と言ったら、やっぱり流行りの「鬼おばけ」になっていた。
鬼おばけだね
隣の部屋に移ってゼロ戦を眺める2人。
ゼロ戦
Tsubakiくん上から眺めるために登っていくスロープが楽しくてはしゃいでいた。
通路が楽しいのね
資料館は難しいのでパスして、パパとTsubakiで3Fへ。「船をつくる技術」では子供が楽しめる展示が色々あるのだ。
波と競争したよ。
波と競争
そのあと、外の広場で遊んで、ゆめタウンのフードコートでご飯を食べて、帰宅した。

車の中で少しお昼寝した後は、じいじのレジャーボート「Tsubaki号」に乗りに行った。「Tsubakiのお船なの~?どこどこ~?」と嬉しそう。
Tsubaki号の前で。
みんなで
海に運ばれるTsubaki号。Go on board!
Tsubaki号
みんなで乗りこんだところをじいじがパチリ。
乗りこみました
救命ベストをつけたよ。Tsubakiはひとつ大きいサイズに昇格!Ohkiも海の赤ちゃんに変身。1年前2年前はTsubakiがこんな感じだったね。
パパとTsubakiママとOhki
運転中のじいじをみに行ったよ。
じいじ運転中
途中浅瀬で岩礁にぶつかり「がん!」となった。Tsubakiが「なになに?」と言うので、岩にぶつかったことを話すとすごく不思議だったらしく(海の上なのに岩にぶつかるというのが不思議だったみたい)、「なんで、なんで、説明して~」と何度も聞きたがった。手と手をつかってぶつかったことを話したけど、不思議がっているので、家に帰って、海の底が深くなったり浅くなったりすることを絵に描いて説明したら、やっと理解出来た様子だった!
こういうこと(本人が興味のあること)は、面倒くさがらず、分かるまで何度でも説明したい。

最後は運転席の下のトイレや物入れのところにも入って行って探検していた。
探検

夜お風呂上がりにOhkiに麦茶を飲ませる。「つーくんがやる!」と言って飲ませていた。弟の面倒をみたいのだ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/766-e5b53a5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。