ちわわとカメリアとサクラサク毎日

シャガール展に行く

今日は東京芸術大学内美術館で行われている「シャガール展」に行ってきた。AERA with BABYの企画で通常は閉館している月曜日に、特別に親子連れの優先鑑賞デーとして開館されていたのだ。招待券も当選して、ままいくメンバーのmiyamiyaちゃんとShinozuちんと行ってきた。
お昼に待ち合わせして、ランチは、芸大出身のShinozuちんの案内で芸大の学食で食べた。芸大の上野キャンパスは院生だけらしく、どおりで巷の大学生に比べると少し落ち着いた雰囲気だったけど、学食でベビ連れが食事というのはなかなか面白い光景だった。


シャガール展の入り口には、なぜかウィッシュが…。気になってしまってついパチリ。

さて、シャガール久しぶりに観たが、今までは鮮やかな色彩という印象が強かったんだけど、どんどん晩年に向かって画風が暗くなっていったんだな…と感じた。
今回の展示は副題が「ロシア・アヴァンギャルドとの出会い」というだけあって、ロシア美術との接点を知ることができた。それにユダヤ人だったとは知らなかった。

シャガールを見た後は、アトレ内の麻布茶房でお茶して帰った。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/772-6274e241
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。