ちわわとカメリアとサクラサク毎日

何気ない、愛しい日常に感謝

保育園へ送っていく朝、少しだけ遠回りして善福寺川公園の桜を息子達と鑑賞した。

「おうくんのお花、キレイだねぇ」とTsubakiと話す。

保育園にお迎えに行くと「今日はどこに行くの?」が口癖になっている長男。そうだね、病院行ったり買い物行ったり、友達の家に遊びに行ったり、ファミレスで食事して帰ったり。散歩がてらお手々つないでお散歩して帰ったり。たくさん寄り道したよね。
保育園の帰り道に公園でひと遊びする。

ブランコにのるTsubakiの背中を押しながら、こんな日々も、もう終わりなんだなぁと涙が出た。
復職したら、平日にこんなゆとりのある日々はもう送れない。

Ohkiもいつもいつも一緒だったなあ。いつもおんぶしていた。保育園に送った帰り道、Ohkiをおぶらずに乗る自転車は、背中の軽さが変な感じだ。

育休の日々は、愛しい息子達との、騒々しくてバタバタしてて、でもこの上なく穏やかで幸せな、とても貴重な時間だった。

ありがとう、ありがとう、ありがとう。

来週から復職です。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://camelliacolor.blog51.fc2.com/tb.php/834-35dc3678
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。